ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

高卒3年目・大江竜聖(巨人)、新守護神候補に浮上

2019年03月14日

3/14、日刊ゲンダイ31面より

2016巨人ドラフト6位 大江竜聖
二松学舎大付高・投手・動画

巨人の大江竜聖(2016巨人6位)がまた抑えた。12日のソフトバンクとのオープン戦。2点リードの九回に登板すると、遊飛、中飛、空振り三振で危なげなく試合を締めた。

快進撃は宮崎春季キャンプ中の2月3日から始まった。初めての紅白戦で2イニングをピシャリと抑え、実戦7試合目のこの日まで29人連続アウト。四死球さえ与えない圧巻の“完全投球”を続けている。

二松学舎大付高から入団して3年目。二軍では先発だったが、今季はリリーフに挑戦している。一軍未登板ながら、勝利の方程式入りは濃厚。それどころか、守護神を任される可能性も出てきた。

「新外国人でクローザー筆頭候補のクック次第。状態がいい時と悪い時があって首脳陣もまだ判断しかねている。左打者に弱いとか、セットポジション、牽制、クイックといった投球以外のところに弱点があるという情報があるが、まだそういう部分まで見えていない。これから開幕にかけて、もしくは開幕してから、クックの弱点が露呈した時、誰が代わりのクローザーを務めるのか。

経験豊富な上原が二軍に控えているが、大江も候補に割って入ってきた。この日は実績のある吉川光が八回、大江が九回を任された。原監督が『危機管理』としてクローザーを想定し始めたのではないか。大江はすでにオープン戦2セーブ目です」(チーム関係者)

この日、阿部慎之助が左ふくらはぎの張りのため福岡から帰京。三軍に合流することになった。ベテランが去り、新星が台頭。球団にとって喜ばしいニュースではある。オフの大型補強により、内海や長野といった功労者を失った負のイメージを、生え抜きの若手が活躍することで、少しでも払拭したい思惑があるからだ。

ただ、大江がクローザーを務めるということは、年俸1億4300万円で獲得したクックがコケたことになる。こうなると球団は手放しでは喜べない。まさに痛し痒しなのである。



下は2016ドラフトで巨人が指名した選手です。6位・大江君のスカウト評はこちら

巨人の2016ドラフト指名選手
1位 吉川 尚輝 中京学院大 内野手
2位 畠 世周 近畿大 投手
3位 谷岡 竜平 東芝 投手
4位 池田 駿 ヤマハ 投手
5位 高田 萌生 創志学園高 投手
6位 大江 竜聖 二松学舎大付高 投手
7位 廖 任磊 台湾・開南大 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:01│ │巨人 
ドラフトニュース検索