ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

2019センバツ展望&注目選手(中スポの見解)

2019年03月16日

3/16、中日スポーツ7面「今大会展望」より
根尾(中日)、藤原(ロッテ)らを擁した昨年の大阪桐蔭のような傑出したチームはなく、混戦模様となりそうだ。

優勝候補の一番手に挙がるのは、明治神宮大会で準優勝した星稜。大会ナンバー1投手の呼び声が高い最速150キロ右腕、奥川(動画)がエースに君臨し、小学時代からバッテリーを組む山瀬(動画)とのコンビも絶妙だ。

チーム打率が32校中31位の打撃陣の奮起が不可欠だが、最速145キロ左腕・清水(動画)を筆頭に好選手がそろう履正社との初戦を勝ち抜けば、石川県勢初の全国制覇へ視界が開ける。

追い掛けるのは広陵、横浜、東邦、智弁和歌山。広陵最速148キロのエース・河野(動画)に加えて、石原、(動画)の両左腕も控える。八戸学院光星との初戦は屈指の好カードとなった。

横浜最速153キロの左腕・及川(動画)の存在が大きく、上位を狙える布陣だ。4季連続出場の智弁和歌山は、阪神などでプレーした中谷監督が強打のチームを引き継ぎ、4割近い打率を残した。

チーム打率、総得点、盗塁数でトップの数字を残した東邦は、高校通算41本塁打の主砲・石川(動画)が、MAX144キロのエースとしても引っ張る。打線は石川の後を打つ4番・熊田(動画)が好調で、投手陣も左腕・植田がスライダーを武器に調子を上げている。平成最初と最後の優勝が懸かるだけに、チームの士気も高い。

明治神宮大会を制した札幌大谷や、九州大会覇者の筑陽学園、強打の山梨学院も頂点に立つ力を備える。MAX147キロ右腕・岩本(動画)を擁する石岡一ら、21世紀枠勢の戦いぶりにも注目したい。



2019センバツ高校野球予想コンテストはこちら



draftkaigi at 12:39│ │甲子園大会展望 
ドラフトニュース検索