ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

ソフトB1位・甲斐野央、工藤監督「開幕1軍になる」

2019年03月17日

3/17、サンケイスポーツ4面より

2018ソフトバンクドラフト1位 甲斐野央
東洋大・投手・動画

ハイタッチの中心で、感激を我慢するような遠慮がちな笑顔が新鮮だ。ソフトバンクのドラフト1位・甲斐野央投手(動画)がプロ初セーブで1軍当確ランプを灯した。「いい経験をさせてもらいました。(九回を)1度くらいやってみたかったし、よかったです」

3点リードの九回に、代打・神里、山下、代打・佐野をすべて二ゴロで締めた。「変化球が悪かったけど、直球で内野ゴロに仕留められてよかった」。12日の巨人戦でゲレーロに2ラン。「1球への思いが強くなった」と、その後は2試合連続の三者凡退。14球のうち10球の直球は、すべて155キロ以上で157キロも計時した。

ただ、工藤監督は少し苦笑い。「ちょっと力んでいますね」。その第一声に本音を続けた。「(1軍に)残れるか残れないかというところでやっているんだろうけど、今までの球や成績をみても、1度打たれただけ。執着せずに自分の球を投げてくれたら、いい結果につながると思う」。開幕1軍について「と思っています」と認めた。

DeNA・上茶谷大河投手も先発して、東洋大のドラフト1位がそろい踏み。甲斐野は同級生の4失点に「改めてソフトバンクさんが敵でなくてよかった」とこぼした。前夜はSNSで「早く寝ろよ」とエールを送った盟友とリーグも役割も違うが、そろって開幕1軍は決定的だ。

「自分のことで精いっぱいですけど、(上茶谷が)投げるのをみて刺激になりました」。最速159キロの触れ込みを疑う者は、もういない。し烈な若手中継ぎ陣のアピール合戦。ルーキーが頭ひとつ抜け出した。 

(3月16日 オープン戦 ソフトバンク 4-1 DeNA)



下は2018ドラフトでソフトバンクが指名した選手です。1位・甲斐野君のスカウト評はこちら

ソフトバンクの2018ドラフト指名選手
× 小園 海斗    
×辰己 涼介    
1位甲斐野 央東洋大 投手
2位杉山 一樹三菱重工広島 投手
3位野村 大樹早稲田実高 内野手
4位板東 湧梧JR東日本 投手
5位水谷 瞬石見智翠館高 外野手
6位泉 圭輔 金沢星稜大 投手
7位奥村 政稔三菱日立PS 投手
育1渡辺 陸 神村学園高 捕手
育2岡本 直也 東農大北海道 投手
育3重田 倫明 国士舘大 投手
育4中村 宜聖 西日本短大付高 外野手


draftkaigi at 07:01│ │ソフトバンク 
ドラフトニュース検索