ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

DeNA3位・大貫晋一が広島打線0封、開幕ローテ濃厚に

2019年03月21日

3/21、サンケイスポーツ3面より

2018DeNAドラフト3位 大貫晋一
新日鉄住金鹿島・投手・動画

DeNAのドラフト3位・大貫晋一投手(動画)が20日、オープン戦初先発となる広島戦で5回5安打無失点と好投し、開幕ローテーション入りを大きく引き寄せた。4四球で毎回走者を背負いながら、強力打線に得点を許さず。アレックス・ラミレス監督もノーマークだったことを明かす“無印右腕”が、ハマの新星として輝きを放った。

主力が顔をそろえた強力打線を前に、大貫が“不沈艦”のごとく立ちはだかった。一回1死から菊池涼に中前打を許したが、安部、鈴木を変化球で詰まらせ、二回1死一塁は坂倉を投ゴロ併殺打に仕留めた。

四回に2四球で招いた2死一、二塁のピンチでは、公式戦さながらに8番・会沢を歩かせて投手の床田と勝負。プロで最長となる五回も2死一、三塁をしのいで得点を許さなかった。

地元横浜出身。初先発の舞台は憧れの地、横浜スタジアムだった。「球場に来る前から緊張していた。マウンドに上がる前はえづいて(吐き気を催して)いました」。しかし、球を握ると落ち着きを取り戻した。直球は140キロ台中盤ながらスライダー、ツーシームなど変化球の制球がさえ「何とかゼロでいけてよかった。強気に行くことを心掛けていました」と笑みを浮かべた。

2番手で登板した7日の中日戦に続き、オープン戦は計9回無失点。日体大2年春には首都大学リーグのベストナインに輝いたドラフト3位右腕に、ラミレス監督は先発枠入りの明言こそ避けたが「開幕ローテ争いをするとは思っていなかった」と明かしながら「常に球を低めに集めてゴロを打たせている。こういう投球をしたことを忘れることはできないでしょう」と評価を一変させた。

ドラフト1位・上茶谷(東洋大)とともに異例の新人2人の開幕ローテ入りが濃厚で、2カード目の4月2-4日のヤクルト戦での先発が予想される。「開幕が近いので一つ一つ結果を残せるようにしていきたい」と大貫。ハマスタで新星がまた一つ輝いた。

(3月20日 オープン戦 DeNA 1-0 広島)



下は2018ドラフトでDeNAが指名した選手です。

DeNAの2018ドラフト指名選手
× 小園 海斗    
1位上茶谷 大河東洋大 投手
2位伊藤 裕季也 立正大 内野手
3位大貫 晋一新日鉄住金鹿島 投手
4位勝又 温史日大鶴ヶ丘高 投手
5位益子 京右 青藍泰斗高 捕手
6位知野 直人 BC新潟 内野手
育1宮城 滝太 滋賀学園高 投手


draftkaigi at 07:01│ │横浜DeNA 
ドラフトニュース検索