ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

2019センバツ、打者のドラフト注目選手3人

2019年03月21日

FLASH 4月2日号より
ポスト根尾の一番手は、甘いマスクの持ち主、桐蔭学園・森敬斗遊撃手(動画)。俊足巧打の三番打者として昨秋の関東大会、常総学院との初戦で逆転サヨナラ満塁弾を放ち、そのまま頂点を極めた。

「ひと言で表現するとしたら持ってる選手。集中力のスイッチが入ったら、神がかり的なプレーをする。運動神経は抜群で、盗塁失敗は記憶にない。冗談交じりに、野球をやめてジャニーズ入りをすすめられたこともある」(島田ボーイズ・鈴木監督)

山梨学院・野村健太左翼手(動画)は山梨のデスパイネの異名を取る巨漢選手。昨夏の甲子園、高知商戦では左翼スタンドへ軽々と運び、怪力ぶりを実証した。

「遠くへ飛ばす技量に天性を感じた。四番をまかせ、バントやヒットエンドランのサインを出したことはない。性格は明るく、彼の周りに常に輪ができていた」(愛知衣浦リトルシニア・島田圭一監督)

昨春のセンバツ大会、19打数7安打7打点と打ちまくった智弁和歌山・黒川史陽二塁手(動画)も注目の好打者。父親は、上宮高時代に主将としてセンバツ大会優勝経験を持つ。

「父親とは高校時代のチームメイトだった縁で、彼を幼いころから知っている。当時から、バットを抱きしめたまま寝るほどの野球好き。中3から不動の四番。左中間方向の打球が伸びる半面、ライト方向はラインドライブがかかり、打球の伸びに欠けた。だが、将来はプロで通用する逸材。それには、右中間方向にも飛ばせるようになれと指導していた」(泉州阪堺ボーイズ・牧野監督)

平成最後の甲子園大会がいよいよ開幕。ミレニアム世代を超える逸材たちが名勝負を演じる。



高校野球の予想が好きな人は下へ。3月23日午前9時締切です。お早めに・・・
↓↓↓
2019センバツ高校野球予想コンテスト


draftkaigi at 07:02│ │高校 
ドラフトニュース検索