ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

2019センバツ展望(スポーツニッポンの見解)

2019年03月22日

3/22、スポーツニッポン10面「大会展望」より
昨年優勝の大阪桐蔭のようなずば抜けた存在はない。優勝争いは星稜、横浜、札幌大谷、八戸学院光星、広陵、履正社が軸か。

星稜は総合力の高いドラフト1位候補のエース奥川に加え、控え投手も充実。横浜は153キロ左腕の及川を擁する。及川は秋以降の成長著しく、エースの自覚も出てきた。野手陣は下級生が多いが経験豊富だ。

昨秋明治神宮大会優勝の札幌大谷は選手層が厚く、特に投手陣全体のレベルが高い。一冬越えて、秋に見せた力をどこまで発揮できるか。八戸学院光星は武岡や伊藤ら強打者がそろう。初戦はいきなり広陵と優勝候補同士の激突となった。広陵は河野ら投手力が高く、機動力も武器だ。

得点力が非常に高い東邦も侮れない。昨年を経験している東妻らを擁する智弁和歌山は大トリの登場。日程がどう左右するか。春日部共栄はエースで4番の村田をはじめ打線全体が振れている。初戦の高松商戦が鍵になる。



高校野球の予想が好きな人は下へ。3月23日午前9時締切です。お早めに・・・
↓↓↓
2019センバツ高校野球予想コンテスト


draftkaigi at 07:01│ │甲子園大会展望 
ドラフトニュース検索