ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

前佑囲斗(津田学園)、ヤクルト「投手らしくなった」

2019年03月26日

3/26、日刊スポーツ6面より

前 佑囲斗 (津田学園高・投手)
183cm・右投右打・動画

最速148キロの注目右腕、津田学園(三重)の前佑囲斗(動画)は聖地にのまれ、延長11回170球の熱投の末、力尽きた。10回まで散発3安打で「0」を並べた。ピンチでは自信ある直球のギアをアップ。無走者では130キロ前後に抑えたが、最速140キロまで出力を上げて要所を締めた。

ただ、これまでにない事態が前の心身を襲った。「6回ぐらいから指がつりかけて、少しずつ球に威力がなくなっていった」。球を握る親指、人さし指、中指に異変が生じていた。緊迫した試合展開で「メンタル面から疲れが出てきた。『自分の1球で試合が動いたらダメ』という緊張感の中で、すごく疲れを感じました」。

137球で迎えた11回。疲れで体の開きが早くなり、制球を乱した。2四死球から決勝打を浴びた。入学当時の最速は128キロ。1年秋から毎晩、白米を大盛り6杯に相当する1・2キロ食べ、体重は入学時から20キロ増の88キロ。球速アップにつなげた。

視察したヤクルト中西スカウトは「以前は力任せだったが(投手らしい)ピッチングができるようになってきた。下(半身)と連動してくれば」と今後の成長に期待した。前はご飯の量を「もう少し増やしてもいいかな」。今夏、さらにパワーアップした姿で帰ってくる。

(3月25日 センバツ1回戦 龍谷大平安 2-0 津田学園)



前君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:50│ │ヤクルト 
ドラフトニュース検索