ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

河野佳(広陵)、広島「伸びる可能性ある」

2019年03月27日

3/27、中日スポーツ7面より 

河野 佳 (広陵高・投手)
174cm・右投右打・動画

真っ白なマウスピースで甲子園勝利をかみしめた。1回先頭に自己最速を2キロ更新する150キロもマークした広陵の河野(動画)が3安打完封。

「最初に150キロを出せたので、あとは力まないように力を抜きました」。2回以降は球速は140キロ中盤で制球重視。チェンジアップ、スライダーも有効に使い、8回2死二、三塁のピンチではプロ注目の武岡を内角直球で遊飛に仕留めた。

スピードを追い求めて力任せに投げては打たれて1年冬、2年春と、2度までも投手失格とされた。野手としての全体練習外でピッチングを続けて、涙ながらに投手復帰を直訴した。

中井哲之監督が2度目の復帰を許すと、悪い癖がなくなって逆に球速もアップ。エースとして昨秋の中国大会優勝をけん引、神宮大会の初戦で星稜(石川)に0-9で7回コールド負けしたのをバネに心身ともにさらに成長した。

年明けに奥歯が欠けて痛み、ティッシュペーパーをかんで投球練習していたのを見かねた中井監督が透明のマウスピースをプレゼント。ところが、大舞台で使ったのは真っ白。中井監督は「白は似合わないな」とちゃかしながらも「ピッチャーをクビにしようとしたぼくが謝ります」と笑った。

ヤクルトのスピードガンでは9回にも145キロをマーク。広島の苑田スカウト統括部長は「高校生として球速、コントロール、変化球、悪いところはない。伸びる可能性がある」と将来性の豊かさを評価した。

前回出場は初戦敗退で、有原(日本ハム)を擁して4強入りした2010年以来9年ぶりとなるセンバツ初戦突破。3安打完封で、星稜・奥川と並んだと言われた河野は「向こうは17奪三振・・・」と照れ笑い。史上最多タイの4度目のセンバツ制覇に向け、春の広陵に頼もしいエースが現れた。 

(3月26日 センバツ1回戦 広陵 2-0 八戸学院光星)



河野君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 10:35│ │広島 
ドラフトニュース検索