ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

オリックス2位・頓宮裕真、62年ぶりの快挙か

2019年03月28日

3/28、デイリースポーツ7面より

2018オリックスドラフト2位 頓宮裕真
亜細亜大・捕手兼一塁手・動画

オリックスのドラフト2位・頓宮裕真内野手(動画)が、29日の日本ハムとの開幕戦に「5番・三塁」でスタメン出場することが27日、決定的となった。この日は札幌ドームでの全体練習に参加。新人選手が開幕戦でクリーンアップを務めれば、球団では62年ぶりの快挙だ。

開幕戦を戦う札幌ドームを入念にチェックした。ホットコーナーの三塁の位置、ファウルゾーン、カメラマン席までの距離。もう、準備は万端だ。開幕戦で「5番・三塁」でのスタメン出場が決定的となった頓宮が、快挙とともにプロとしての第1歩を踏み出す。

「気持ちの高ぶりは多少はありますけど、うまくコントロールできたら」。まだプロ1年目。キャンプ途中からオープン戦の最後まで1軍で戦ってきたが、シーズンとなれば緊張感は別物だ。冷静さを保ち、普段通りの打撃、守備を心がける。

開幕3連戦を戦う札幌に入ったこの日は、初経験の札幌ドームの環境を確認。勝呂内野守備コーチとともに守備位置などを頭にたたき込むと、フリー打撃では何度もスタンドに放り込んだ。

オープン戦では全17試合に出場。打率・259、2本塁打、8打点と長打力で存在感を見せた。19日の中日戦以降は「5番・三塁」に定着。開幕オーダーについて、西村監督は「(オープン戦の)最後の方のメンバーでいこうと思っている。フレッシュですね」と説明し、頓宮が開幕スタメンに名を連ねることは確実。

さらに新人での開幕戦クリーンアップとなれば、球団では1957年の中田昌宏以来、実に62年ぶりだ。その身に大きな期待がかかるが「自分の仕事をできるようにしたい」と気合。いつも通りの力を発揮できれば、十二分に通用する。パンチパーマの話題だけでは終わらない。パンチ力のある打撃で、プロ野球界にも名をとどろかせていく。 



下は2018ドラフトでオリックスが指名した選手です。2位指名・頓宮君のスカウト評はこちら

オリックスの2018ドラフト指名選手
× 小園 海斗    
1位 太田 椋 天理高 内野手
2位 頓宮 裕真 亜細亜大 捕手
3位 荒西 祐大 ホンダ熊本 投手
4位 富山 凌雅 トヨタ自動車 投手
5位 宜保 翔 未来沖縄高 内野手
6位 左沢 優 JX-ENEOS 投手
7位 中川 圭太 東洋大 内野手
育1 漆原 大晟 新潟医療福祉大 投手


draftkaigi at 07:00│ │オリックス 
ドラフトニュース検索