ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

オリックス2位・頓宮裕真が大活躍、球団初の快挙

2019年03月30日

3/30、スポーツ報知4面より

2018オリックスドラフト2位 頓宮裕真
亜細亜大・捕手兼一塁手・動画

ドラフト2位の頓宮(動画)が、いきなり大仕事をやってのけた。初回1死満塁。1ボール2ストライクで上沢のフォークに食らいついた。右前2点打を放ち、「チャンスでしたし、とにかく先制点を取りたかったので良かったです。(プロ初安打は)素直にめちゃめちゃうれしいです」

球団の新人が開幕戦で打点を挙げるのは、2リーグ制以降では1954年、梶本隆夫、89年の小川博文以来、30年ぶり3人目。初打席での打点は初の快挙となった。

この日の試合前に宿舎で開かれたミーティングで、ナインの心が一つになった。西村監督が開幕スタメンを発表し「積極性を掲げてやってきて、ここまで(オープン戦も)いい成績できている。続けてやってくれ」と鼓舞。その後、指揮官の発案で選手が手をつないで輪になった。今季から選手会長を務める若月が「一致団結して頑張りましょう」と宣言して、士気を高めた。

頓宮は2打席目も左翼線二塁打と初長打をマーク。入団当初はパンチパーマで話題をさらったが「何もかも分からないので1日1日大切に一生懸命、頑張るだけ」と、がむしゃらに練習を重ねた成果が表れた。チームはサヨナラ負けで開幕戦8連敗となったが、開幕戦で実力を見せつけた大物ルーキーが打線を引っ張っていく。

(3月29日 パ・リーグ 日本ハム 7-3 オリックス)



下は2018ドラフトでオリックスが指名した選手です。2位指名・頓宮君のスカウト評はこちら

オリックスの2018ドラフト指名選手
× 小園 海斗    
1位 太田 椋 天理高 内野手
2位 頓宮 裕真 亜細亜大 捕手
3位 荒西 祐大 ホンダ熊本 投手
4位 富山 凌雅 トヨタ自動車 投手
5位 宜保 翔 未来沖縄高 内野手
6位 左沢 優 JX-ENEOS 投手
7位 中川 圭太 東洋大 内野手
育1 漆原 大晟 新潟医療福祉大 投手


draftkaigi at 09:00│ │オリックス 
ドラフトニュース検索