ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

佐々木朗希(大船渡)、巨人「本当にびっくりした」

2019年04月01日

4/1、日刊スポーツ1面より

佐々木 朗希 (大船渡高・投手)
189cm・右投右打・動画

3月の終わりに、ついに大船渡・佐々木(動画)が目覚めた。「早く投げたくて、ずっと我慢していた。久しぶりの投球で楽しかったです」。調整登板のはずが、アドレナリンが止まらない。3回1安打6奪三振、名門・作新学院を圧倒した。

今年の実戦第1球は146キロ。それが投した直球19球で一番遅かった。2回には156キロをマークし、直球の平均球速は驚異の150.9キロ。佐々木は「基本的に8割の力でした」と振り返るから末恐ろしい。及川捕手も「7割の出来だと思います」と涼しい顔で同意した。1失点は自らのトンネルで喫したものだった。

2回は先頭打者に三塁打を浴びるも、そこから3者連続空振り三振。チェンジアップ、速球、スライダーと決め球を全て変え「大人の投球をしました」とニヤリ。スピードはあっても直球一本やりにせず、センバツで星稜・奥川恭伸が掲げた大人の投球を、言葉でも内容でも真似した。

奥川、横浜・及川、創志学園・西とともに高校四天王と呼ばれる。佐々木だけ甲子園未出場。初視察のスカウトも多く、興奮もすごい。巨人・長谷川スカウト部長は「衝撃を受けた。(マウンドと本塁の間が)18.44mじゃなく、14mくらいに見えた。直球のキレは今プロに入っても3本の指に入るのでは。本当にびっくりした」

ファン、保護者、スカウト、報道陣・・・。立場に関係なく言葉を交わし合いたくなるスタンドの高揚感を生み出した。

地元の仲間と甲子園を夢見て成長した。「岩手では公立校が長い間、甲子園に出ていない。勝って、もう1回新しい時代を作りたい。頑張れば勝てる、それを地元の子供たちに見せたい」。3月に156キロという規格外の投球で新時代を切り開く。

(3月31日 練習試合 作新学院 15-0 大船渡)



佐々木君のスカウト評はこちら

佐々木君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:05│ │巨人 
ドラフトニュース検索