ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

阪神、高校四天王を密着マークへ

2019年04月02日

日刊スポーツwebsiteより  (source)
虎も「令和元年ドラフト」の目玉選手を密着マークする。4月5日から行われるU18高校日本代表第1次候補選手の研修合宿を、阪神のスカウト陣が視察する予定。大船渡の佐々木朗希投手(動画)らが一堂に会する機会で、ドラフト注目選手を早くからマークする。

最速157キロ右腕の大船渡・佐々木は、3月31日の作新学院との練習試合で日米18球団45人のスカウトが集結するなど、今秋ドラフトの超目玉選手。これまで甲子園に出場したことがなく、視察する機会は限られていた。今回の合宿には、全国トップレベルの高校生選手が集まり、佐々木の能力を評価するにはこれ以上ない場になりそうだ。

第1次候補選手には「高校四天王」と呼ばれる大船渡・佐々木(動画)横浜・及川雅貴(動画)星稜・奥川恭伸(動画)創志学園・西純矢(動画)の3年生投手4人も選出された。最速150キロ超投手4人の“競演”は今回が初めて。

今年のセンバツで及川は1回戦、奥川は2回戦敗退と早い段階で姿を消した。西はセンバツに出場できなかったこともあり、それぞれの選手を1度に視察できるまたとない機会だ。「令和元年ドラフト」を成功させるため、マークを続ける。



2019高校生のドラフト候補一覧はこちら

2019大学生のドラフト候補一覧はこちら

2019社会人のドラフト候補一覧はこちら

2019ドラフト指名予想はこちら

12球団ドラフト情報まとめはこちら


draftkaigi at 07:00│ │阪神 
ドラフトニュース検索