ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

中日こまった、ドラフト1位は奥川?石川?

2019年04月04日

4/4、日刊ゲンダイ30面より
2日の本拠地開幕戦で昨季リーグ覇者の広島に快勝した中日に、難題が浮上した。ドラフト戦略である。今季から与田監督が就任した中日は、生え抜き選手の育成を重点課題とし、昨年のドラフトでは岐阜出身の根尾昂を1位指名するなど、東海、北陸地区のいわゆる「地元選手」を優先的に指名する方針を固めている。

「中でも1位の最有力は星稜の最速151キロ右腕・奥川恭伸(動画)。同校OBである音スカウトが密着マークを続けている。センバツは2回戦で敗退したが、評価はゆるぎない。ただ・・・」と、中日OBがこう続ける。

東邦のエースで中軸を打つ石川昂弥(動画)の存在です。知多半島の愛知県半田市出身で、名古屋の伝統校に進学したバリバリの地元選手。高校通算43本塁打を放つ長打力が魅力で、中日に限らず、他の11球団も三塁手として上位候補に挙げている。そこにきて、準決勝の明石商戦で完投勝利を挙げ、決勝の習志野戦では打っては2本塁打、投げては散発3安打の完封勝利。平成最後の優勝投手になった。当然、夏も再び注目を浴びますから」

はたして1位指名は奥川か石川か・・・。秋まで予断を許さない展開になってきた。



奥川君(星稜)のスカウト評はこちら

石川君(東邦)のスカウト評はこちら


draftkaigi at 07:05│ │中日 
ドラフトニュース検索