ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

あのドラフト選手は今、下窪陽介(ドラフト5巡目)

2019年04月05日

4/4、スポーツニッポン4面より

2006横浜ドラフト(大社)5巡目 下窪陽介
日本通運・外野手

自信と負けず嫌いは、23年たっても変わらない。「正直、負ける気、打たれる気はせず甲子園に入ってました。みんなも思っていた。俺たち凄いなって。いつの間にか終わっていた感じです」

1996年の春、5試合45回完投、553球を投げ25安打、19三振、7失点で鹿児島県初の日本一を達成したV腕、下窪陽介さん(2006横浜5巡目)は少しにやけた。

最速142キロの直球と消えると言われた縦、横スライダー、カーブで春夏連続出場。大学からの野手転向で社会人6年、プロ4年を「負けたくない思いだけでやってきた」と言う下窪さんは今、市町村単位でお茶の生産量日本一の故郷・南九州市頴娃町にいる。

15年から祖父・勲さん創業、父・和幸さんが74年に設立した「下窪勲製茶」の販売、営業担当としてほぼ無休で国内を飛び回っている。勝負球は県公認のかごしま茶ブランドに認定されている知覧茶となったが、当然自信はある。

「お茶は奥が深く、知らないことばかりですが一番、売り上げで勝ちたい。野球で言う伝統校に勝つ大阪桐蔭のような新興勢力を目指しています。賞や品評会などで日本一になりたい」とセールスでも頂点を狙う。

自身が決勝マウンドに立った4月5日近辺は新茶の摘み取り時季と重なる。「約1ヶ月間は戦いです。家族は寝ないで仕事している。僕は一番茶を売って、勝負します」。気迫は衰えていなかった。



下は2006大学・社会人ドラフトで横浜(現DeNA)が指名した選手です。5巡目指名の下窪陽介のプロでの成績はこちら

横浜の2006大・社ドラフト指名選手
希望枠高崎 健太郎日産自動車投手
1巡目指名権なし
2巡目指名権なし
3巡目木村 雄太東京ガス投手
4巡目下園 辰哉九州国際大外野手
5巡目下窪 陽介日本通運外野手
6巡目吉原 道臣ホンダ投手
プロ入り後の成績


ドラフトニュース検索