ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

佐々木朗希(大船渡)、巨人「12球団1位で行く」

2019年04月07日

4/7、スポーツ報知1面より

佐々木 朗希 (大船渡高・投手)
189cm・右投右打・動画

何かを期待するようなネット裏のざわめきが、どよめきに変わった。大船渡・佐々木(動画)が2番・内海貴斗に投じた3球目、左打者の外に外れた直球がうなりを上げてミットを叩いた。複数の球団のスピードガンで160キロを超え、中日のガンでは163キロをマーク。

自身の最速157キロを6キロ更新した佐々木は「捕手が構えたところにいかなかった。手応えもあまりよくなかった」と振り返ったが、新時代到来を告げる圧倒的な1球だった。

誰も前に飛ばせない衝撃の25球だった。同世代のトップが集まる代表合宿。イニング開始時に走者が置かれるケース打撃だったが、内容は紅白戦と同じものだ。初回は走者なしから3者連続三振。2回は無死一塁の設定から、全て空振り三振に仕留め6者連続三振を奪った。

4番の黒川史陽(智弁和歌山)にはクイックで161キロを記録。計3球の160キロ超えをマークし、バットに当たったのは森敬斗(桐蔭学園)のファウルチップ(記録は空振り)と、内海の後ろへのファウルだけだった。

163キロを体感した内海は「去年の夏(の甲子園で)、吉田(輝星)選手と対戦したけど、それ以上の球でした。地をはう前にミットに入っていた。瞬間移動するというか。ど真ん中でも振れていない」と脱帽した。

集まったスカウトからも絶賛の言葉が並んだ。巨人・長谷川スカウト部長は「松坂でもマー君でも前には飛んでいた。(史上)一番です。(今秋ドラフトは)12球団が(1位で)いって(外れた1球団で)やり直しになるかもね」と史上初の12球団競合の可能性を指摘。

楽天・福田プロアマスカウトアドバイザーが「今まで見た最高のピッチャー。筋肉で投げているわけではないのがいい。大谷より衝撃的。江川(卓)君よりすごい」と評すれば、西武・潮崎編成グループディレクターは「スタミナとかそういうのは(松坂)大輔の方があったと思うけど、能力的にはさらに上をいってるんじゃないかな」。昭和、平成を代表する怪物以上というジャッジが飛んだ。



佐々木君のスカウト評はこちら

佐々木君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:02│ │巨人 
ドラフトニュース検索