ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

森下暢仁(明治大)、複数球団の1位指名の可能性も

2019年04月10日

4/10、西日本スポーツ20面より

森下 暢仁 (明治大・投手)
180cm・右投右打・動画

東京六大学野球春季リーグは13日、神宮球場を舞台に東大―法大のカードで開幕する。スポットライトを浴びそうなのが今秋のドラフト最上位候補に挙がる明大の森下暢仁投手(動画)だ。主将の重責も担う森下が王座奪回の先頭に立ち、春の神宮を熱くする。

5季ぶりの優勝を目指す明大のエース&主将の大学ラストイヤーが幕を開ける。ドラフト候補として熱視線を浴びながら春のリーグ戦に臨む森下は「自分が勝てる投手になればチームの優勝、日本一に近づく。結果にこだわる年にしたい」と強い決意を示した。

最高学年となり、野球人生で初めてという主将に任命された。「前に出て発言することが増えて、行動も変わった。ついていくのと引っ張るのは全く違う」。リーダーへの就任には戸惑いもあったというが、既に自覚も十分に芽生えている。

投手として一つの目標が、リーグ戦で未達成の完封勝ちだ。「これまでは自分が勝ったというより、打者のおかげで勝つことが多かった。ゼロで抑えて勝てる投手になりたい」と力を込めた。開幕前の実戦では走者を背負ってのクイック、けん制などに重点を置いて強化した。

その先にプロでの活躍を見据え、さらなるレベルアップに余念がない。今秋のドラフトでは、複数球団の1位指名も予想されるほど注目を浴びている「光栄なこと。この春に結果を残せば、そういう評価がついてくる」。右腕は現状の自分の立ち位置を冷静に受け止めた。

大分商高時代もプロ入りの可能性があったが、大学進学を選んだ。「(高校で1年先輩の)笠谷さん(現ソフトバンク)がプロに行って、自分もと思った。1年後、その立場になって、まだ早いと思った。いまは大学を選んでよかったと思う」。当時の葛藤を明かしつつ、自ら選んだ環境での成長を確信している。

同学年のオコエ(楽天)、小笠原(中日)、平沢(ロッテ)らはドラフト1位指名され、一足早くプロで活躍する。「同学年の選手に負けたくない思いは強い。彼らの活躍は刺激になっている」。ライバルと同じステージに立つ日を目指し、野球人生をかけた2019年に挑む。



森下君のスカウト評はこちら

森下君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:00│ │大学 
ドラフトニュース検索