ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

DeNA3位・大貫晋一、阪神相手にプロ初勝利マーク

2019年04月12日

4/12、スポーツ報知4面より

2018DeNAドラフト3位 大貫晋一
新日鉄住金鹿島・投手・動画

憧れた背番号18の助言を胸に刻んだ。DeNA・大貫(動画)は生命線のツーシームを投げきった。初回2死満塁、中谷を二ゴロに仕留めピンチを脱すると波に乗った。直前、三浦投手コーチがマウンドに来た。「攻める気持ちを持ってしっかり投げなさいと言われ集中しました」

5回5安打1失点。ドラフト1位・上茶谷より先に3位右腕がプロ初勝利を挙げた。初登板だった4日のヤクルト戦では3回途中4失点KO。5回100球と球数は要したが、ツーシーム、フォークを軸に丁寧に低めを突いた。

何げなく行ったハマスタが運命だった。日体大2年の秋に右肘を手術。野球ができず将来が見えなかった4年の夏、観戦に訪れた。球場は満員。右翼席で立ち見した大貫は「背番号18」にくぎ付けになった。現役時代の三浦コーチが阪神・藤浪と投げ合っていた。球速ではかなわず負け投手。

それでも「背中から気迫が伝わってくる投球だった。プロなんて全然だったけど、三浦さんのようにこの舞台に立ちたい」。明確な目標となった。4年秋に復帰し、社会人で成長。憧れの人と同じユニホームに袖を通すことができた。

番長と同じく制球力と多彩な変化球が持ち味。当初は1軍当落線上だったが、オープン戦で結果を残し先発6番手をつかみとった。「純粋にすごくうれしいです。次はもう少し長い回を投げられるように」。夢を現実にした強い意志で大貫が白星を重ねていく。

(4月11日 セ・リーグ DeNA 5-2 阪神)



下は2018ドラフトでDeNAが指名した選手です。

DeNAの2018ドラフト指名選手
× 小園 海斗    
1位上茶谷 大河東洋大 投手
2位伊藤 裕季也 立正大 内野手
3位大貫 晋一新日鉄住金鹿島 投手
4位勝又 温史日大鶴ヶ丘高 投手
5位益子 京右 青藍泰斗高 捕手
6位知野 直人 BC新潟 内野手
育1宮城 滝太 滋賀学園高 投手


draftkaigi at 07:00│ │横浜DeNA 
ドラフトニュース検索