ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

澤村拓一(巨人)、泥酔暴行事件の真相

2019年05月11日

アサヒ芸能5月16日号より

2010巨人ドラフト1位 沢村拓一
中央大・投手

ネオンの看板が連なる飲食店ビルのエレベーターの中、男は同乗していた見知らぬ男性をにらみつけるといきなり胸倉に掴みかかった。隆々とした太い腕で、有無を言わさず男性の首根っこを締め上げると、そのままエレベーターの壁までドスンと突き飛ばした。

筋肉トレーニングで鍛え上げられた圧倒的な腕力でミシミシと締め上げると、男性の首はポキッと折れそうなほどひしげた。その怒気を帯びた表情の三角マユの男の正体は誰あろう、読売ジャイアンツ・澤村拓一(2010巨人1位)その人だった。巨人番記者が語る。

「澤村は、4月6日のDeNA戦で今季初先発のマウンドに登っていますが、4回4失点、5回まで持たずに降板しています。その翌日には、登録が抹消され、2軍落ちとなりました。その翌週の2軍戦で先発が予定されていたのですが、何の前触れもなく登板を回避したのです。その原因が飲みに行った先で客とトラブルを起したことだった」

球団関係者が重い口を開く。

「4月中旬、場所は新宿区内、クラブなど飲食店が立ち並ぶビルのエレベーター内でした。見ず知らずの人の首を締め上げる暴挙には、さすがに澤村と同行していた仲間が止めに入り、男性に大きなケガはなかった。澤村は泥酔状態でまったく覚えていないようです。ちなみに、澤村と一緒だったのは選手ではありません」

澤村は過去にも酒席でのトラブルを報じられたことがある。同様の騒動を起こし、ひた隠しておきたかっただろうが、その情報はすぐチーム内に拡散。みな、あきれ返っている。

「選手やコーチはまたやらかしたらしいな、と口々に話し、中には担当記者などに『騒動を報じちゃったほうがいい』とお灸をすえる意味で話す声もあったといいます。原監督もまたバカをやったんだと、もはやオモシロ話として話しているほどです」(スポーツ紙デスク)

(以下略)


下は2010ドラフトで巨人が指名した選手です。澤村拓一は1位指名入団。プロでの成績はこちら

巨人の2010ドラフト指名選手
1位 沢村 拓一 中央大 投手
2位 宮国 椋丞 糸満高 投手
3位 田中 太一 大分工高 投手
4位 小山 雄輝 天理大 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:54│ │巨人 
ドラフトニュース検索