ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

佐藤輝明(近畿大)、来年ドラフト1位で欲しい逸材

2019年05月28日

5/28、日刊スポーツ4面より

佐藤 輝明 (近畿大・三塁手)
186cm・右投左打・動画

日刊スポーツ編成部長のサブロー氏が未来の大砲候補をSの評価に位置付けた。25日に関西学生野球春季リーグを視察し、近大の4番・三塁、佐藤輝明内野手(動画)の打撃をチェック。高校時代は無名で全国的にまだ名前は広まっておらず来年のドラフト候補だが、長距離打者の素養を備えていると評した。

左打者でステイバック、つまり体重移動が少なく、軸足に体重を残して打てる打者は少ない。どうしても走り打ちするタイプが多くなる。だが186センチ、92キロの体形だけでなく、左足に体重が乗って、その場で回転する佐藤の打撃を見て、松井秀喜さんのようだと思った。

柔軟な左足首の使い方がパワーを生んでいる。普通は足首を回すときにつま先が立って、かかとが浮きがちになる。だが母趾球と内かかと部分を地面に食い込ませて、ミート時にかかとが上がりきらない。足首をねじるように蹴って地面からの反発を利用し、スイングに伝えている。大根を土から引っこ抜く時に「ズボッ」と力が生まれる感覚に近い。

昔で言う「うねり打法」。落合博満さん、松井さんも同じ足首の使い方をしていた。私も現役時代に取り組んだが、どうしてもできなかった。佐藤は足首の関節が柔らかいのだろう。プロで結果を出す選手は体の使い方がうまく、教えてなかなかできるものではない。

軸足の内側から回転する、ということは腕も連動して、内側からインサイドアウトの軌道で最短距離でバットも出てくる。このスイングならプロの内角攻めも対応できるだろうし、バットに当てる感覚もある。

昨年からアマチュア選手を重点的に見る機会が増えた。個人的にランク付けもしているが、昨年なら大阪桐蔭の根尾、藤原、今年は大船渡の佐々木にSランクをつけた。タイプ、年齢も違うが佐藤もS評価。長距離バッターがいない球団事情があるなら、ドラフト1位で欲しい逸材だ。



佐藤君は現在3年生で来年のドラフト候補です。

佐藤君のスカウト評は
こちら

佐藤君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 10:40│ │大学 
ドラフトニュース検索