ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

阪神がスカウト会議、河野・立野を1位候補に

2019年05月29日

5/29、日刊スポーツwebsiteより (source)
高校四天王の動向ばかりが目立つ今年のドラフト戦線で、阪神は即戦力の逸材にも熱視線を注いでいる。昨年から大きく台頭したJFE西日本・河野竜生投手(動画)東海理化・立野和明投手(動画)について球団関係者は「2人とも1位候補に入ってくるでしょう」と明かした。昨年に引き続き、この春も主要大会を中心に手厚いマークを続けている。

河野は左腕から最速149キロを投げる。鳴門高時代に3度甲子園出場。小柄ながら投げっぷりと勝負度胸に定評がある。変化球も多彩で制球もよく、プロでも1年目から先発、中継ぎの両方で計算できるタイプだ。4月に鳴尾浜で阪神2軍とプロアマ交流戦を戦い、4回2失点だった。

故障明けのため本調子ではなかったが、悪いなりにもプロ相手に試合を作れる技術を示した。複数の球団関係者で見守った阪神にとっては格好の「見本市」だった。

一方の立野には今月22日の都市対抗予選で担当以外も合わせ8人の編成担当者やスカウトを派遣して入念にクロスチェックした。高校では目立った存在ではなかったが、成長著しい。整ったフォームから最速152キロを誇る。河野より経験が少ない分、今後の伸びしろに魅力を感じるスカウトが多い。

ともに高校から社会人に進み、ドラフト解禁の3年目。その若さも魅力だ。今年21歳は才木、浜地と同じ。少しずつ選手の若返りが進んでいる阪神だが、20代前半のボリュームをまだまだ増やしたいところ。常勝軍団の構築へ、投手陣の強化は継続したテーマだ。選手の年齢層も考えながら戦略を練ることになる。

この日のスカウト会議では夏の大会を控えた高校生のビデオを検証。大船渡・佐々木(動画)のほか星稜・奥川恭伸(動画)横浜・及川雅貴(動画)創志学園・西純矢(動画)の「四天王」を筆頭に、高校生の投手・野手を十数人チェックした。彼らがドラフトの目玉になるのは間違いないが、阪神はチームの現状に見合った戦略も探っていく。


2019高校生のドラフト候補一覧はこちら

2019大学生のドラフト候補一覧はこちら

2019社会人のドラフト候補一覧はこちら

2019ドラフト指名予想はこちら

12球団ドラフト情報まとめはこちら

draftkaigi at 10:31│ │阪神 
ドラフトニュース検索