ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

奥川恭伸(星稜)、ヤクルト・中日が絶賛

2019年06月02日

6/2、スポーツニッポン6面より

奥川 恭伸 (星稜高・投手)
182cm・右投右打・動画

最速152キロ右腕の本領発揮だった。今秋ドラフト1位候補の星稜・奥川(動画)は今春センバツ以来の公式戦登板を「立ち上がりは緊張で体が固まっていたが、回を重ねるごとに体の力が抜けて、バランス良く投げられた」と笑顔で振り返った。

1-0の4回1死に最速150キロを計測。重い試合展開を打破するため、意図的にギアを上げた。「出しに行きました。球場の雰囲気を変えられるし、それを見に来られている人もいると思うので」。

力強い直球を軸にスライダー、チェンジアップ、さらに92キロのスローカーブで緩急も付けた。6奪三振で与四球は0。完璧な安定感で勝利に導いた。

4月14日の練習試合登板後、右肩に軽い張りを発症。春季石川大会では登板しなかった。5月25、26日の練習試合で連投して臨んだ今大会。「想像よりいい出来だった。力で押すより、外でカウントを整えたり、変化球を低めに集めたりすることができた」と進化の手応えを得た。

11球団のスカウトが視察。中日・松永編成部長が「投げられればいい。評価は変わらない」と話せば、場所を移動して入念に投球フォーム等を確認したヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「どこまでレベルアップするか。より上を求めてしまう選手」と評価した。

(6月1日 北信越大会1回戦 星稜 6-0 砺波工)



奥川君のスカウト評はこちら

奥川君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:02│ │中日 | ヤクルト
ドラフトニュース検索