ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

奥川恭伸(星稜)、巨人・ヤクルトが投球術評価

2019年06月02日

6/2、スポーツ報知6面より

奥川 恭伸 (星稜高・投手)
182cm・右投右打・動画

今秋ドラフト1位候補で最速153キロ右腕の星稜・奥川恭伸投手(動画)が1日、北信越大会初戦の砺波工戦で6回2安打無失点、6奪三振の白星発進。右肩の張りが癒え、今春センバツ以来の公式戦登板でプロ11球団30人超のスカウト陣に総合力を見せつけた。

「公式戦独特の緊張感で固まっていた」というが、7、8割の力で外角低めを突き、4回に意図して最速150キロをマーク。「見に来てくださる観客もいる。球場の雰囲気を変えられる」

92キロのスローカーブを交えた緩急に、巨人・織田スカウトは「直球も変化球も強弱をつけていた」と称賛。69球のうちボールは14球で、ストライク率79.7%。ヤクルト・伊東編成部長は「プロでもなかなかいない。能力の高さ」とうなった。

大船渡・佐々木とは趣の異なる役者だ。奥川は「求めるのはそっち(球速)じゃない。総合力。想像よりいい出来だった」。走者なしでのクイック、フィールディングでも貫禄を示した。

(6月1日 北信越大会1回戦 星稜 6-0 砺波工)



奥川君のスカウト評はこちら

奥川君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:03│ │巨人 | ヤクルト
ドラフトニュース検索