ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

杉山晃基(創価大)、阪神・ヤクルトが高評価

2019年06月11日

6/11、サンケイスポーツ5面より 

杉山 晃基 (創価大・投手)
183cm・右投右打・動画

全日本大学選手権が開幕し、1回戦4試合が行われた。2年連続出場の創価大(東京新)は今秋のドラフト上位候補、杉山晃基投手(動画)が7回1失点の好投で初出場の大工大(近畿)に6-1で快勝し、2回戦進出を決めた。

今秋のドラフト指名候補生たちが東京に集う大学選手権。創価大・杉山が体の痛みにもめげず、プロのスカウトの前で好投した。「調子はあまりよくなかったし、背中に(捕手の送球が)当たって終盤は、痛くてうまく投げられなかった。でも、去年の春(大学選手権)も秋(明治神宮大会)も初戦で負けていたので、勝ててよかった」

一回1死で、一走の二盗を阻止しようとした捕手の送球を背中に受けるアクシデント。顔をしかめたが、続投して7回1失点。最速149キロを出した直球と多彩な変化球で、5年ぶりの1回戦勝利に導いた。

183センチ、84キロの体で、春の東京新大学リーグでは、150キロ台の直球で押す投球で4勝、防御率0.69をマーク。ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「本来は力で押す投球。そういう意味では、変化球中心という違った一面を見せた。将来的には、広島・大瀬良タイプかなとみてている」と評価。

阪神・吉野スカウトは「変化球が多かったが、もっと真っすぐで攻めるのが持ち味だと思う」と話した。

1年時に3学年上の田中正義(現ソフトバンク)、池田隆英(現楽天)の両右腕の投球を見てきた。さらに「最近は東浜さん(ソフトバンク)の足の上げ方とタイミングを参考にしている」と進化にどん欲な、令和最初のドラフト上位候補だ。

(6月10日 全日本大学選手権1回戦 創価大 6―1 大工大)



杉山君のスカウト評はこちら

杉山君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:20│ │阪神 | ヤクルト
ドラフトニュース検索