ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

2019巨人のドラフト展望、1位指名どうなる? 

2019年06月13日

6/13、日刊ゲンダイ終面より
全日本大学野球選手権の2日目が行われた11日、東京ドームにプロのスカウトが集結した。ネット裏で今秋のドラフト上位候補のひとりである東海大の捕手・海野(動画)を視察した巨人の長谷川国利スカウト部長は日刊ゲンダイの取材に応じ、「捕ってから速いし肩も強い。上位候補でしょう」と話した。

巨人は先月10日のスカウト会議で最速163キロ右腕の大船渡・佐々木朗希(動画)ら、今秋ドラフト1位候補約10選手をリストアップ。同部長は「順位付けはまだしていません。これから夏の大会(高校生)、都市対抗(社会人)、秋のリーグ戦(大学生)がありますから、それまでは決められません」と言う。

複数球団の1位競合が確実な佐々木については「ポテンシャルの高さはダントツ。何がいいって全部です。球は速いし、変化球もいい。身長も高いしね。投げるだけじゃなくて、足も速い。50メートルを5秒台で走る身体能力の高さ。評価していない人はいないでしょう。いずれは菅野のようなエースに? いやいや、智之の高校時代(東海大相模)と比べたら雲泥の差。10対1ですよ。次元が違います」。

同じく1位候補の星稜・奥川恭伸(動画)が今春のセンバツ1回戦で好投した際、長谷川部長は「今一軍で投げても5つくらい勝つんじゃないか。高校野球の大会に1人だけプロが交じっている感じ。28年間スカウトをやっているが、何本かの指に入る」と絶賛していた。同じ高校生でも奥川の方がより即戦力に近いという声もある。が、同部長はこう続けた。

「奥川もいい投手ですよ。でも佐々木はそういう次元じゃない。甲子園春夏連覇の松坂(現中日)と比べて? 松坂や田中(現ヤンキース)は高校時代からスタミナがあったけど、それを除けば、その2人より上。佐々木は体力的なこともあるから、体をつくる期間は必要です。1年目からローテーションで、という投手ではないけど、ここ何十年で一番の素材です」

近年の巨人は2017年に清宮(早実→現日本ハム)、翌18年には根尾(大阪桐蔭→現中日)を1巡目で入札した。実力に加え、人気、知名度も重視し、1位は甲子園のスター選手を指名する傾向がある。

佐々木はこれまで甲子園経験はないが、人気や知名度はすでに全国区。試合で投げるたびにスポーツニュースだけでなく、ワイドショーなどにも取り上げられている。この夏の地方大会は佐々木一色になりそうだし、仮に最後の夏に甲子園出場を逃したとしても、話題性が薄れることはない。まして、「ここ何十年で一番」だとすれば、育て方次第では将来のチームを背負っていく逸材である。

スカウト部門の責任者がこれだけ佐々木を絶賛しても、まだ1位に決められない理由は、これから「夏の大会、都市対抗、秋のリーグ戦がある」ということだけか。昨オフに3度目の就任を果たし、今回は編成面などの“全権”を握る原辰徳監督の存在も関係しているのではないか。

「就任早々の昨年も、吉田輝星(現日本ハム)で決まりかけていたドラフト1位が原監督の意向で根尾に変更になった。今年のドラフト1位も指揮官の意向が強く反映されそうです」(チーム関係者)

巨人は球団史上3度目のワーストタイ記録となる4年連続V逸中。もし今季もリーグ優勝を逃し、ワーストを更新するようなら、全権監督はどう考えるか。

今季のチーム防御率はリーグ4位の3.74。試合前までの救援防御率は同ワースト2位の3.88。昨季苦しんだリリーフ陣は今季も苦しいまま。さらに先発陣も火の車である。

腰痛のエース菅野は復帰したものの、防御率4.22と本調子には戻っていない。開幕ローテーションだったヤングマン、ドラフト1位ルーキー左腕の高橋は交流戦前に二軍に降格。中継ぎを務めていた田口、桜井を空いた先発に回すという苦肉の策で乗り切っている。

「原監督は今年が3年契約の1年目。もし投手陣が崩壊してV逸すれば、ドラフト1位は残り2年間をフルに働いてくれる即戦力投手でいこう、と言い出しかねません。V逸のワースト記録を止めたければなおさらです。巨人の将来を考えれば佐々木でしょうが、だからこそ、関係者はヒヤヒヤしているんです」(同)

巨人のドラフト1位は2015年から桜井、吉川尚、鍬原、高橋と4年連続で大学生が続いている。その前の14年は智弁学園高の岡本を1位で指名したものの、この年はリーグV3を果たしている。V逸すると1位は即戦力になりがちだ。

なお、明大の155キロ右腕・森下暢仁(動画)は12日、大学選手権に登場する。長谷川部長は「森下はいいですよ。大学、社会人投手でトップクラス。佐々木とはタイプが違って1年目から働ける即戦力です」とも言った。巨人のスカウトや関係者は、ドラフト直前まで原監督の鶴の一声に戦々恐々である。



2019高校生のドラフト候補一覧はこちら

2019大学生のドラフト候補一覧はこちら

2019社会人のドラフト候補一覧はこちら

2019ドラフト指名予想はこちら

12球団ドラフト情報まとめはこちら

draftkaigi at 11:06│ │巨人 
ドラフトニュース検索