ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

中日がスカウト会議、1位は高校ビッグ4を軸に検討

2019年06月15日

6/15、中日スポーツ2面より
中日は14日、東京都内でスカウト会議を開いた。候補選手を200人から142人に絞り込み、11人をリストアップした1位候補は、大船渡・佐々木朗希(動画)星稜・奥川恭伸投手(動画)ら高校BIG4を軸に、引き続き検討を重ねていく。

会議を終えた松永編成部長は「4人を中心に、大学、社会人も検討していくことになるでしょう」と説明。創志学園・西純矢(動画)と、横浜・及川雅貴(動画)を加えた高校生4投手が中心のドラフトになるとの見方を示した。

佐々木は最速163キロを計測したスケールの大きさが光り、すでに日本ハムが1位指名を公表。最速152キロの奥川は多彩な変化球に制球力を備え、完成度の高さは高校生離れしている。夏に向けた練習試合で好投を続けている西や、及川の評価も上昇。

さらに、即戦力との呼び声高い明大のエース・森下(動画)や、伸びしろを備えた東海理化の152キロ右腕・立野(動画)に加え、野手では高校通算52本塁打を誇る東邦のスラッガー、石川(動画)の注目度も高い。

「1位指名の優劣は付けていない。与田監督とも相談して、決めることになる」と米村チーフスカウト。今後は、高校生の夏の地方大会を中心に視察を重ねる方針を確認。社会人は7月の都市対抗、大学は秋季リーグ戦をチェックし、さらに絞り込みを進める。



2019高校生のドラフト候補一覧はこちら

2019大学生のドラフト候補一覧はこちら

2019社会人のドラフト候補一覧はこちら

2019ドラフト指名予想はこちら

12球団ドラフト情報まとめはこちら


draftkaigi at 07:05│ │中日 
ドラフトニュース検索