ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

奥川恭伸(星稜)、中日「こういう投手そうはいない」

2019年06月17日

6/17、中日スポーツ9面より

奥川 恭伸 (星稜高・投手)
182cm・右投右打・動画

中日などが今秋ドラフト1位候補に挙げる星稜の152キロ右腕、奥川恭伸投手(動画)が16日、愛知県春日井市の愛工大名電グラウンドで、同校との練習試合に先発。6イニングで8安打2失点したものの、毎回の12奪三振、直球は最速149キロをマークした。

自慢のスライダーがさえ渡った。大きく曲がり、低めに決まる奥川のウイニングショットに、愛工大名電打線のバットが次々に空を切った。6イニングで4連続を含む12奪三振。うち10個をスライダーなど変化球で奪った。昨夏の甲子園経験者が残る愛工大名電の鋭いスイングに、直球で空振りを奪えなかった。

「序盤はムキになった」というが、投球のリズムを変えたり、変化球でカウントを稼ぐことで対応した。「対処法を学べて、いい勉強になった。引き出しが増えた」。この日は早朝5時半に金沢を出発し、約3時間のバス移動。その影響もあってか、本来の出来ではなかったが、収穫はあった。

3人態勢で視察した中日・中田スカウトアドバイザーは「スライダーは天下一品。直球も普通に140キロ台後半が出る。こういう投手はそうはいない」と改めて高評価した。

直球は最速で149キロを計測。5回に1番・堀内に左中間に二塁打を打たれた146キロの直球は、金属バットの芯がへこんだほどの球威だった。「全てにおいて、レベルアップしないといけない」と奥川。来月12日の石川大会開幕まで1ヵ月を切り、仕上げの段階に入る。

(6月16日 練習試合 愛工大名電 4-1 星稜)



奥川君のスカウト評はこちら

奥川君のピッチング動画はこちら

draftkaigi at 07:05│ │中日 
ドラフトニュース検索