ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

ヤクルトドラフト外入団選手、埼玉県知事に出馬表明

2019年06月19日

6/19、サンケイスポーツ21面より

1984ヤクルトドラフト外 青島健太
東芝・内野手

元プロ野球・ヤクルト内野手でスポーツライター、青島健太氏(1984ドラフト外)が18日、さいたま市内で会見を行い、埼玉県知事選(8月8日告示、同25日投開票)に無所属で立候補することを表明した。

ヤクルト時代、同球団初の公式戦初打席で本塁打という鮮烈なデビューを飾ったが、61歳で飛び込む新たな世界へは真逆の態度で覚悟のほどを表明した。「知事選という球を、センター前に真っすぐ打ち返す。初打席でホームランとはいえないが、手堅く、死球でも四球でも、どんなことがあっても一塁にたどり着きたい」

ヤクルト時代の1985年5月11日の阪神戦では、同球団初の公式戦初打席で本塁打を放ち、鮮烈なデビューを飾った青島氏。初挑戦の選挙戦について、当選を目指す覚悟を「一塁にたどり着く」と表現した。

新潟市に生まれ、6歳から埼玉県草加市育ち。慶大法学部政治学科出身で、今年に入ってから「私なら埼玉県をどうするのか」と知事選を意識し始めた。昨年からスポーツ関係の会合で自民党関係者らと接触してきたことが下地になり、13日に自民党埼玉県連から出馬要請を受けた。無所属で出馬するが、推薦を受ける見通し。

会見では「埼玉県が大好き。これほどやりがいのあるチャレンジはない。ひるまずに前に進んでみようと決意した」と元気にアピール。「青島県政」について「仕事で意識してきたのは、スポーツをどう社会の中で役立てるのかということ。それが一番ダイナミックにやれるのは行政」と健康な地域社会づくりを掲げた。

また、来夏の東京五輪・パラリンピックなどを踏まえ、「メダリストではなくても、地域への貢献などで活躍するアスリートを表彰したい」と「埼玉フェアプレー賞」の創設を口にした。一方、政治や行政の実務経験がないことを危惧する声に対しては「政治経験がないことを私の武器にしたい。しがらみなく真っすぐに物事が見られる」と強調した。

知事選を巡っては、現在4期目の上田清司氏が15日に不出馬を表明。大野元裕参院議員と、希望の党を離党した行田邦子参院議員が立候補を表明している。大野氏は18日、国民民主党に離党届を提出した。大野氏は青島氏にとって、慶大4年時に教育実習を務めた慶応高1年のクラスで、日本史を教えた元教え子。



青島健太は1984ドラフト外でヤクルトに入団。プロでの成績はこちら



ドラフトニュース検索