ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

スカウトの逆襲、ドラフトで獲得後のフォロー重要

2019年07月01日

7/1、日刊ゲンダイ27面「スカウトの逆襲」より
この間は久々にアタマにきたね。あまりに、むしゃくしゃしたんで、昼間から酒を食らったよ。数年前にオレが担当してドラフト上位で獲得した高校生右腕。最近、伸び悩んでるって聞いたんで、球団関係者を通して球場に激励に行くって伝えたんだ。

そしたら、あろうことか球団関係者の前で「チェッ!」と舌打ち、苦虫を噛み潰したような表情を浮かべたっていうんだ。言っておくけど、オレは担当だよ。感謝されることはあっても、嫌な顔をされる筋合いじゃない。気分は最悪、酒の力も借りて、つい、部長にグチをコボしたんだ。

すると「おまえ、ちゃんとアイツのフォローをしてるのか?」と、こう言った。

「選手は取った後のフォローが大切なんだ。例えば、アイツの持ち味は球威があって球筋のいいストレートだろう。ファームの首脳陣は当然、長所を伸ばすことを最優先するさ。けど、いくら球威があったって、ストライクが入らないんじゃ一軍で使えない。

 少しくらい球速が落ちても、球筋の良さを生かした上で制球を改善する方法ってのがあるはずだろう。かといって首脳陣と違うことを言えば角が立つし、選手も混乱する。ときにはコーチに内緒だぞとクギを刺した上で、知恵を授けるとか、方向性を示してやるのもスカウトの大事な仕事じゃねーか。

 獲得したら知らんぷり。ボチボチ、一軍で投げてなきゃおかしいだろうと尻をたたくだけじゃ、選手は素質を100%発揮できねーし、おまえのことも信用しないって」


こう言って引き合いに出したのは、ある球団のベテランスカウトが担当する選手に関してだ。「ヤツが獲得した選手には、中央球界では無名でもプロでバリバリ活躍してるのが多いだろ。選手の素質を見抜く目が優れているだけでなく、プロ入りした後のフォローが適切だと思うんだ」

先週末は大学の日本代表選考合宿、今週は社会人の日本代表選考合宿が行われた。部長から「大学日本代表の首脳陣は六大学や東都の監督であることが多いせいか、地方の大学の実力者が代表から漏れるケースがままある。そういう連中こそ狙い目だろう」と言われただけに、主に地方の大学生をチェックした。

パソコンおたくのエライさんは部長のセリフをニコニコしながら聞いてたけど、たとえ能力を示す数値の高い選手を獲得したところで、エライさんみたいな仏頂面で選手に四の五の言ってもフォローにはならないだろうなって思ったね。



2019大学生のドラフト候補一覧はこちら

2019社会人のドラフト候補一覧はこちら

2019ドラフト指名予想はこちら

12球団ドラフト情報まとめはこちら


draftkaigi at 07:03│ │高校 
ドラフトニュース検索