ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

落合秀市(和歌山東)、ドラフト上位候補に評価上昇

2019年07月03日

 7/3、日刊スポーツ6面より

落合 秀市 (和歌山東高・投手)
185cm・右投右打・動画

和歌山東・落合投手(動画)。恵まれた体格から最速148キロを放つビッグな右腕だ。夏の活躍によってはドラフト上位候補に食い込む可能性があり、メジャースカウトも熱視線を送っている。

和歌山市郊外の田園風景が似合う天然素材だ。中学ではあまり野球に興味が持てず、仲間との遊びが楽しかった。その影響で趣味はBMX(バイシクルモトクロス)やスケートボード。噂の大器だったが、高校側は何部に入るのも分からなかったという。

顔見知りだった岡崎捕手の存在もあり、野球を続行。米原監督は金の卵をつぶさないよう、口を出さず自覚の芽生えを待った。「人間的にもだいぶ成長しました」と恩師はうなずく。自慢の速球にスライダーのキレ味も抜群。調子のムラはまだあるが好調時ならどんな強豪も牛耳ってきた。

昨年からジワジワとプロのマークが手厚くなった。今年は大船渡・佐々木、星稜・奥川らの四天王がドラフトの目玉。比較して中日・中田アマスカウトアドバイザーが「潜在能力は同等」と言うように、上位候補まで評価が上がってきた。メジャーも熱視線を送っている。

「和歌山東に来てよかった。ほかの高校なら続けていなかった。甲子園に出るために、できるだけ点を取られないようにしたい」。創部10年目で初の甲子園出場が感謝の印になる。



落合君のスカウト評はこちら

落合君のピッチング動画は
こちら


draftkaigi at 07:40│ │高校 
ドラフトニュース検索