ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

巨人史上初、山下航汰が高卒1年目で支配下登録に

2019年07月06日

7/6、スポーツ報知2面より

2018巨人(育成)ドラフト1位 山下航汰
健大高崎高・外野手・動画

巨人は5日、育成の山下航汰外野手(動画)と支配下選手契約を結んだと発表。年俸は420万円(推定)で背番号は「99」に決まった。高卒1年目で育成から支配下契約を勝ち取ったのは球団史上初

東京ドーム内で会見を行い、真新しいユニホームに袖を通した山下航は「最初は3軍からのスタートで、落ちるものがないという部分で上だけを目指してやっていた。東京ドームでも持ち前の打撃で勝負していきたい」と意気込んだ。

高崎健康福祉大高崎高(群馬)では高校通算75本塁打をマーク。豪快な打棒が注目されていたが、一塁や左翼の守備では発展途上なこともあって、プロでは育成からのスタート。ドラフト直後は「悔しさしかなかった。周りは喜んでくれたんですけれど、自分としてはこのままでは絶対いけないと思った」と振り返る。

その反骨心を胸にイースタンでは支配下契約前の53試合で打率.316、3本塁打、18打点。中軸を任されるまでに成長を遂げ、道を切り開いた。原監督も「1年生とはいえ、結構1軍でもレギュラークラスと勝負できるだけの素材であるということは間違いない。うちにはまだいないタイプだと思う」と期待を寄せた。

会見後はG球場でのイースタン・西武戦に2点を追う9回1死一塁から代打で出場し、さっそく右前安打をマーク。「打撃で自分は生き残りたい。最終的な目標は1軍で中軸を打つこと。それだけを目標に頑張ります」と意気込む山下。中日・根尾、ロッテ・藤原、日本ハム・吉田輝ら同世代に負けない活躍を見せ、巨人の近未来を担う。



下は2018ドラフトで巨人が指名した選手です。育成1位指名・山下君のスカウト評はこちら

巨人の2018ドラフト指名選手
× 根尾 昂    
×辰己 涼介    
1位高橋 優貴八戸学院大 投手
2位増田 陸 明秀日立高 内野手
3位直江 大輔松商学園高 投手
4位横川 凱大阪桐蔭高 投手
5位松井 義弥折尾愛真高 内野手
6位戸郷 翔征聖心ウルスラ高 投手
育1山下 航汰健大高崎高 外野手
育2平井 快青 岐阜第一高 投手
育3沼田 翔平 旭川大高 投手
育4黒田 響生 敦賀気比高 内野手


draftkaigi at 07:01│ │巨人 
ドラフトニュース検索