ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

宮里優吾(岩倉)、日ハム「将来とても楽しみ」

2019年07月09日

スポーツ報知websiteより (source)

宮里 優吾 (岩倉高・投手)
181cm・右投右打・動画

秋8強の岩倉は、部内暴力により、1月30日から4月29日まで対外試合禁止処分を受け、春季大会は不出場。夏はノーシードからのスタートとなったが、5回から登板したエース・宮里優吾(動画)の好投もあり、初戦突破を決めた。

プロ注目の最速147キロ右腕・宮里が神宮のマウンドで力を見せつけた。5回から2番手でマウンドにあがり、5回を投げ無安打6奪三振。「点が入らずチームの雰囲気が悪かったので、自分がしっかりゼロに抑えて流れを変えたかった」。

その言葉どおり、東洋打線を寄せつけない圧巻のピッチングを披露。この日最速143キロの直球と、打者の手元で落ちるフォークがさえわたり、走者を許したのは9回先頭に出した四球のみだった。

視察した日本ハム・坂本スカウトは「6月の(明大中野八王子との)オープン戦で見たときより、バランスがよく、勝てる投手に成長していて驚いた。この1か月、本人がかなり努力したことが伺える。将来がとても楽しみ」と進化を続ける右腕を高く評価した。

(7月8日 東東京大会2回戦 岩倉 2―0 東洋)



宮里君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:09│ │日本ハム 
ドラフトニュース検索