ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

井上温大(前橋商)、ヤクルト「伸びしろすごくある」

2019年07月10日

7/10、日刊スポーツ7面より

井上 温大 (前橋商高・投手)
174cm・左投左打・動画

満足できる内容ではなかった。それでも1失点にまとめた。初戦を突破した前橋商・井上(動画)がはほっと息をついた。「点数をつければ70点。指がボールにかからず、キレもない。その中で勝つ投球はできたと思う」

直球は最速139キロどまり。1回から3回まで、いずれも先頭打者に安打を許すなど苦しんだ。そこで中盤から軌道修正。走らない直球を狙われたことから、2種類のスライダーを軸にして富岡打線を封じた。7回に1点を許したものの、8回115球は公式戦では自己最長だ。

174センチ、68キロ。昨秋の時点で61キロしかなかった小食の少年はこの冬から夕食でどんぶり3杯の白飯を腹に詰め込むなど、増量に力を注ぐ。今年の春季大会ではリリーフ役として背番号「10」。しかし、身体的に成長を遂げて長い回を投げることも可能になり、この大会は堂々の背番号「1」。注目の存在となった。

手本はソフトバンク工藤公康監督。縦に割れるカーブを武器にプロ通算224勝を挙げた左腕の動画を見てフォームを参考にしている。工藤氏同様にカーブ系の変化球を得意にする井上も、やわらかな投球フォームが長所だ。

ネット裏には実に9球団35人のスカウトが集結した。巨人の9人を筆頭に、ヤクルト、DeNAが5人と、8球団が複数態勢で熱視線を注いだ。潜在能力が高く評価されている証しだ。 

「とにかくフォームがきれい。けん制、フィールディングを含めて直すところがない。伸びしろがものすごくある投手」と、ヤクルト橿渕聡スカウトグループデスクは絶賛した。発展途上の18歳。ここからどんな成長曲線を描くのか。注目だ。

(7月9日 群馬大会1回戦 前橋商 7-1 富岡)



井上君のスカウト評はこちら

井上君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:02│ │ヤクルト 
ドラフトニュース検索