ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

浅田将汰(有明)、中日「粗削りだが楽しみな投手」

2019年07月16日

日刊スポーツwebsiteより (source)

浅田 将汰 (有明高・投手)
181cm・右投右打・動画

熊本大会で、春夏通じ初の甲子園出場を狙う有明が、7-0の8回コールドでルーテル学院を下し初戦を突破した。二刀流のエンゼルス大谷に憧れる「肥後の大谷」こと、最速148キロ右腕、浅田将汰投手(動画)が、8回3安打無得点、7奪三振で完投。4番を務める打撃では2打数無安打ながら、敬遠気味に2四球と高校通算28本塁打の貫禄を見せた。

国内全12球団が注目する九州NO・1右腕の浅田が、自慢の剛球でルーテル学院をねじ伏せた。「球速以上に伸びる真っすぐを意識している。初回から真っすぐでいくと決めていた」。1回の先頭打者からこの日最速となる146キロなど直球主体にエンジン全開だ。

新球フォークボールは封印したまま。「タイミングが合って来たのでスライダーも投げた」と4回途中からチェンジアップなども交え翻弄した。「抑えればなんとかしてくれると信じて投げた」と粘投し、終盤の8回コールド勝ちを呼び込んだ。

密着マークする日本ハムをはじめヤクルト、中日、DeNA、広島、オリックスなどのスカウトが見守った。中日・三瀬スカウトは「持ち味の直球を前面に、出し惜しみせず投げていた。いいものがある。まだ荒削りですが体の強さがあるので楽しみです。九州、沖縄では、浅田投手と興南の宮城投手が抜けている」とさらに評価を高めた。

浅田は春の熊本大会後、初めてU18日本代表第1次合宿に参加した。ドラフト上位候補の大船渡・佐々木朗希投手や星稜・奥川恭伸投手らからフォームや練習方法の助言を得て視野を広げた。

夏の連投を意識して省エネ化できるスリークオーターに変更した時期もある。だが今夏の大会前に「オーバーが回転がかかるので」と、自信を持つ上手投げに立ち戻った。試行錯誤しながら成長する18歳。剛腕を武器に春夏通じて初の甲子園に導く。

(7月15日 熊本大会2回戦 有明 7-0 ルーテル学院)



浅田君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:01│ │中日 
ドラフトニュース検索