ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

奥川恭伸(星稜)に10球団、巨人・オリックス評価

2019年07月25日

7/25、スポーツ報知2面より

奥川 恭伸 (星稜高・投手)
182cm・右投右打・動画

金沢大付戦で自己最速158キロを計測した星稜・奥川(動画)が今大会初めて先発マウンドに上がった。「夏の遊学館の印象が強い」と、満を持して臨んだ宿敵に7安打1失点13奪三振の完投で、4年連続の準決勝に導いた。

また一段とレベルアップした姿を見せた。2点リードの3回1死一、三塁、1番・竹村翼二塁手に左前適時打を許すも「石川の中で(苦しい場面は)自分が一番経験している」と、2年春から3季連続で甲子園を経験した右腕は冷静だった。この回は1死満塁から得意のスライダーで、2者連続三振で切り抜けた。

7回以降も「序盤よりも神経を使って投げた」。この日はMAX151キロも精度の高さを見せ、5者連続三振を含む完璧な投球で熱戦を締めた。

ネット裏ではプロ10球団25人が視察。この日、初めて奥川を見たというオリックス・福良ゼネラルマネジャーは「あのスライダーはなかなか打てない」と高く評価した。巨人・織田スカウトも「力を入れたボールの角度、キレはいいものがある」とうならせた。

昨夏の甲子園期間では体重が今と同じ82キロから4キロ落ちた。夏に向けては体重維持のために、「無理やり(ご飯を)かき込んで水で流してます」と笑った。過去の教訓を生かし、経験豊富な右腕が2年連続の夏の聖地に導く。

(7月24日 石川大会準々決勝 星稜 2-1 遊学館)



奥川君のスカウト評はこちら

奥川君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:06│ │巨人 | オリックス
ドラフトニュース検索