ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

スカウトの逆襲、他球団関係者から得た情報

2019年07月29日

7/29、日刊ゲンダイ27面「スカウトの逆襲」より
この前のスカウト会議は、さすがにアタマにきたね。パソコンおたくのエライさんが、データをたてに、オレが評価した選手にケチをつけたって構わない。球場のネット裏で、一緒に選手をチェックした部長から「こいつのどこがいいんだ」となじられるのも我慢できる。

ただ会議で、オレがノーマークにしてた担当地区の高校生左腕をピックアップ、「面白いようだから予選が終わっても追いかけた方がいい」って部長に言われたときは、ムカッときた。「面白いようだから」ってことは、自分の目で確かめたわけじゃない。その選手の地区予選での活躍を報じた新聞やネットを見て言っているのかと思ったら、そうでもない。

「小耳にはさんだもんでな」って言うんだ。それがだれかは知らないが、そんなにオレのことが信用できないのかって、思わず口走りそうになったよ。

後日・・・。部長とサシで一杯やる機会があったんで、聞いてみたんだ。小耳にはさんだってのは、どこのだれからの情報なのか、部長はその人を信用してるのかってね。そしたらここだけの話だゾって、クギを刺してからしゃべり出した内容を聞いて仰天したね。

部長の口から出てきたのはライバル球団のスカウトの名前だった。自分の目で見られる選手には限界がある。なので現場に行くたびに選手の実力に加え、他球団のスカウトの眼力もチェック。この選手をどう見ているかなどと、ときにはカマをかけ、返ってきた答えによって、そのスカウトの選手を見る目がどんなものか把握しているというんだ。

で、確かな目をもっていると判断したスカウトには自分が見られない選手の評価をこっそり聞くようになったという。「おまえたちの目を信用してないわけじゃない。けれど、見逃すこともあるだろうし、スカウトには好みもある。なのでオレが見られない選手に関しては、信用できる第三者の評価もアテにしてるんだ」

こう言う部長は「それに・・・」と続けた。「おまえは気に入った選手を過大評価するけど、中には、こんなのまでリストに入れるなよと言われるのが嫌で、選手を積極的に推薦しないスカウトもいるからな。それに見る目をもった他球団のスカウトはウチに引っ張ったっていいだろ?」

ニヤニヤしながら言う部長の言葉を聞いているうちに、今度の夏の甲子園に行くであろうお気に入りの投手の球速を10キロ増しで報告したことを思い出し、少しだけ首筋が寒くなったね。(プロ野球覆面スカウト)



2019高校生のドラフト候補一覧はこちら

2019大学生のドラフト候補一覧はこちら

2019社会人のドラフト候補一覧はこちら

2019ドラフト指名予想はこちら

12球団ドラフト情報まとめはこちら


draftkaigi at 07:01│
ドラフトニュース検索