ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

高卒新人・小園(広島)2号弾、52年ぶり3人目の快挙

2019年07月29日

7/29、サンケイスポーツ5面より

2018広島ドラフト1位 小園海斗
報徳学園高・遊撃手・動画

黄金ルーキーがまた驚きの一発を放った。三回だ。3-1とし、なお2死二塁と好機は続き、8番・小園(動画)が魅せた。2番手大下の初球カーブを鮮やかに振り抜くと、打球は弾丸ライナーとなって右翼スタンドへ。ベンチの首脳陣もナインも仰天の2号2ランだ。

「浮いてきたボールを逃さず打てたので良かったです。初球?積極的に振っていくのが持ち味なので。見逃したら悔いが残る」。2試合ぶりの本塁打は歴史的な一発だ。広島の高卒ルーキーのシーズン2本塁打は1950年紺田、67年三村に次いで52年ぶり3人目の快挙。球団新記録の4本塁打も十分に射程圏内だ。

七回は中前打、八回も右翼フェンス直撃の安打を放って、今季2度目の猛打賞をマーク。ドラフト制後の高卒新人では球団史上初で、打率も3割を超えた。

周囲の予想をはるかにしのぐスピードで成長曲線を描いている。試合後、東出打撃コーチは「アイツは何なんや」と脱帽し「全部の打席に内容があった」と評価。緒方監督も「打撃の状態がいいのはもちろんだけど、打撃センスを感じる。あの子は捉えるからね」と驚きを隠さなかった。

「一歩目しっかり前に出て送球する」と心がける守備でも華麗なプレーを連発。三遊間の深いところから強肩を披露すれば、前方のボテボテの打球も軽やかにさばいてみせた。

横浜からの移動日だった18日は母校・報徳学園を訪問。大角監督から「頑張れ」と激励され「試合を見てくれていると思う」と奮い立った。理髪店で髪もサッパリ。母校は甲子園出場を逃したが、後輩たちの分まで、この夏は暴れる覚悟だ。

朝はホテルの自室でバットを振ってバスに乗り込んだ。「今週は(チームの)素振りがないので部屋で素振りしてました」。準備はもちろん1人で練習できる心の強さもある。

チームは今季最多タイ18安打を放ち、今季2度目の9連勝。貯金3まで戻し、30日から東京ドームで首位巨人との3連戦に臨む。「自分の持っているものを出せるように、一日一日全力でやりたいです」。規格外のルーキーに、大暴れの予感が漂う。

(7月28日 セ・リーグ 広島 12-5 ヤクルト)



下は2018ドラフトで広島が指名した選手です。1位指名・小園君のスカウト評はこちら

広島の2018ドラフト指名選手
1位 小園 海斗 報徳学園高 内野手
2位島内 颯太郎 九州共立大 投手
3位林 晃汰 智弁和歌山高 内野手
4位中神 拓都 市岐阜商高 内野手
5位田中 法彦 菰野高 投手
6位正随 優弥 亜細亜大 外野手
7位羽月 隆太郎 神村学園高 内野手
育1大盛 穂 静岡産大 外野手


draftkaigi at 07:00│ │広島 
ドラフトニュース検索