ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

高卒2年目・山本(中日)、167cm右腕がプロ初勝利

2019年08月01日

8/1、サンケイスポーツ1面より

2017中日ドラフト6位 山本拓実
市立西宮高・投手・動画

球界の投手では、もっとも低い身長167センチの19歳が甲子園のマウンドで大きく見えた。中日の高卒2年目右腕・山本(動画)が、少年時代から数え切れないほど訪れた聖地でプロ初勝利を挙げた。

「うれしいという気持ちしかない。甲子園で勝てるなんて、高校生のときには夢にも思っていなかった」。
6回4安打1失点。三回までは走者を1人も許さなかった。

前日7月30日、逆転サヨナラ弾を含む2発のアーチを放ったソラーテには「内角をしっかり投げることを意識した」。一回1死走者なし。144キロ直球で二ゴロに仕留めると、四回無死一塁ではチェンジアップで空振り三振。六回無死一塁ではスライダーで二ゴロ併殺と完全に封じ込めた。

兵庫・宝塚市出身。小学生のころ阪神のファンクラブに入会し、「月に2回くらい阪神戦を見に行っていた。藤川さんが出て来ると興奮しました」。市立西宮高から2018年ドラフト6位で入団し、昨年9月12日の阪神戦でプロ初登板。高校時代に立てなかった甲子園で2回無失点と好投した。

それから10カ月。先発ローテーション投手として、一回り成長して聖地のマウンドに戻ってきた。プロ3試合目の登板で初勝利だ。山本は「体の大きい人には負けたくないと思って投手をやってきた」と語気を強めた。

尊敬する投手は、同じ身長167センチで通算167勝を挙げている石川(ヤクルト)。高校時代から石川の著書「頭で投げる。」を何度も読み返して「内容はほとんど記憶している」という。山本は「1勝に満足することなく、これからもがんばっていきたい」と力を込めた。甲子園からプロの一流投手へ、さらに羽ばたいていく。 

(7月31日 セ・リーグ 中日 3-2 阪神)



下は2017ドラフトで中日が指名した選手です。6位指名・山本君のスカウト評はこちら

中日の2017ドラフト指名選手
× 中村 奨成    
1位 鈴木 博志 ヤマハ 投手
2位 石川 翔 青藍泰斗高 投手
3位 高松 渡 滝川二高 内野手
4位 清水 達也 花咲徳栄高 投手
5位 伊藤 康祐 中京大中京高 外野手
6位 山本 拓実 市立西宮高 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00│ │中日 
ドラフトニュース検索