ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

夏の甲子園、「不作を通り越して凶作」という声

2019年08月03日

8/3、日刊ゲンダイ43面「高校野球マル得情報」より
「夏の甲子園は、不作も不作。いや、不作を通り越して、凶作だな」。セ・リーグのあるスカウトが、こう言ってタメ息をついた。 四天王といわれるドラフトの目玉投手4人のうち、甲子園に駒を進めたのは星稜・奥川(動画)ひとり。大船渡・佐々木も横浜・及川も創志学園・西も地方大会で姿を消した。

加えて「甲子園に出てくれば、投手でドラフト上位候補の日大三・井上や和歌山東・落合なんかを自分の目でチェックすることもできたんだけど・・・。野手にしても上位候補の多くが地方大会で負けちゃったからね。

特にヒドいのが中国と四国。ウチのリストに名前が載っていて、なおかつ甲子園に出てくる選手は1人しかいないんだから。中国と四国を合わせて9校出るのに、チェックすべき選手が1人だよ、1人。今年の夏は担当が見落とした掘り出し物を探すしかないのかなぁ」
と、前出のスカウトはボヤくのだ。

野球はチームスポーツだ。プロ注目の選手がいるからといって勝てるとは限らない。しかし、中国、四国地方にプロ注目の逸材がほとんどいないことをアタマに入れておけば、「こんなにスゴいピッチャーがいるとは知らなかった」などと、じだんだを踏んで悔しがらずに済みそうだが・・・。



2019高校生のドラフト候補一覧はこちら

2019大学生のドラフト候補一覧はこちら

2019社会人のドラフト候補一覧はこちら

2019ドラフト指名予想はこちら

12球団ドラフト情報まとめはこちら


draftkaigi at 07:03│ │高校 
ドラフトニュース検索