ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

2019夏の甲子園、展望と注目選手(サンスポの見解)

2019年08月04日

8/4、サンケイスポーツ5面「展望」より
優勝候補には今春の選抜大会準優勝の習志野、激戦区を制した履正社、東海大相模、筑陽学園、昨夏の主力が残る星稜、智弁和歌山、明石商が挙がる。だが、いずれも初戦は息を抜けない相手となった。

履正社主軸の井上(スカウト評)らが霞ケ浦最速150キロ右腕・鈴木寛(スカウト評)をどう攻略するか。決勝で神奈川大会記録の24点を奪った強打を誇る東海大相模には、近江の大会ナンバーワン左腕・林が立ちはだかる。明石商は一昨年の優勝校、花咲徳栄の破壊力がある打線をどう抑えるか。

習志野はリードされても3度追い付き、延長十一回にサヨナラ勝ちした千葉大会準決勝(対木更津総合)に代表される粘りが身上。5季連続出場の智弁和歌山は黒川を中心とした猛打が健在だ。

注目投手は星稜の最速158キロ右腕・奥川(スカウト評)。昨秋の明治神宮大会、今春の選抜といずれも優勝候補に挙げられながら頂点に届かなかったが、最後の夏は順調なステップを踏んできた。津田学園の前(スカウト評)もプロ注目の本格派右腕。

打者は八戸学院光星・武岡(スカウト評)山梨学院・野村(スカウト評)花巻東・水谷花咲徳栄・韮沢(スカウト評)同・井上(スカウト評)らが注目される。



2019夏の甲子園、予想コンテストはこちら

2019夏の甲子園、出場49校のスポーツ紙の評価はこちら


draftkaigi at 07:02│ │甲子園大会展望 
ドラフトニュース検索