ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

2019夏の甲子園、展望と注目選手(デイリーの見解)

2019年08月04日

8/4、デイリースポーツ32面「展望」より
令和初の大会は東海大相模-近江花咲徳栄-明石商筑陽学園-作新学院など初戦から強豪校の激突が目立ち、好カードぞろいとなった。大会第2日には履正社星稜の優勝候補に加え、霞ケ浦鈴木寛(スカウト評)津田学園(スカウト評)のドラフト候補に挙がる両右腕が登場。序盤から目の離せない戦いが続く。

全体的に実力校が散らばった印象だが、大会ナンバー1投手との呼び声が高い奥川(スカウト評)擁する星稜のブロックは、智弁和歌山明徳義塾がひしめく死のブロックとなった。石川勢初の頂点へ、気の抜けない戦いが続くことになりそうだ。

開幕試合は甲子園常連の八戸学院光星と春夏通じて初出場のが対戦。出場49校中で大トリの登場は4番・前川ら1年生の活躍で勝ち上がった智弁学園。開幕戦を勝ち抜いたチームと第7日に対戦する。今大会も最初の組み合わせ抽選で3回戦までの対戦が決定。準々決勝、準決勝は改めて抽選され、対戦カードが決まる。



2019夏の甲子園、予想コンテストはこちら

2019夏の甲子園、出場49校のスポーツ紙の評価はこちら


draftkaigi at 07:00│ │甲子園大会展望 
ドラフトニュース検索