ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

2019夏の甲子園、展望と注目選手(日刊の見解)

2019年08月04日

8/4、日刊スポーツ2面「展望」より
星稜が石川県勢初の甲子園Vを狙う。奥川投手(スカウト評)の存在が大きい。6試合を勝ち抜くには寺沢投手らの起用がカギ。長打と足がある東海林外野手から始まり、勝負強い内山内野手が4番に座る打線が援護したい。

東の横綱、東海大相模は初戦の近江が難関。激戦区をチーム打率.399、同11本塁打の猛打で勝ち上がった。遠藤内野手、山内内野手(スカウト評)らの打線と豊富な投手陣を擁し、4年ぶり夏制覇が狙える布陣を整えた。一方の近江は昨夏8強を経験した林投手、有馬捕手のバッテリーで悲願の頂点を目指す。

センバツ準Vで試合巧者の習志野も気の抜けないブロックに入った。同4強の明石商は、149キロ右腕・中森(スカウト評)が大会屈指の強打を誇る花咲徳栄を抑えられるか。大阪代表の履正社も打線が強力。霞ケ浦の好右腕を打ち崩せば波に乗れそう。

筑陽学園-作新学院も好カード。智弁和歌山仙台育英智弁学園なども上位進出の力がある。




2019夏の甲子園、予想コンテストはこちら

2019夏の甲子園、出場49校のスポーツ紙の評価はこちら



draftkaigi at 07:35│ │甲子園大会展望 
ドラフトニュース検索