ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

2019夏の甲子園、展望と注目選手(中スポの見解)

2019年08月04日

8/4、中日スポーツ7面「展望」より
初戦から好カードがめじろ押しとなった101回目の夏。優勝争いは東海大相模、智弁和歌山、履正社、習志野、星稜を軸に展開されそうだ。

チーム打率.399の強力打線が自慢の東海大相模と、林-有馬の強力バッテリーを擁する近江の対戦は初戦ナンバー1の顔合わせ。霞ケ浦-履正社前橋育英-国学院久我山、センバツ準優勝の習志野-沖縄尚学筑陽学園-作新学院も注目。

出場校中最高の打率.432を誇る花咲徳栄とセンバツ4強の明石商の激突も見ものだ。

奥川を擁する星稜智弁和歌山、試合巧者の明徳義塾と同じ激戦ブロックに入ったが、勝ち抜けば初の全国制覇へ視界が開ける。15年ぶりに出場した伝統校の広島商飯山など初出場勢の戦いぶりからも目が離せない。

選手では投手なら星稜・奥川(スカウト評)の他に最速148キロの霞ケ浦・鈴木(スカウト評)152キロの津田学園・前(スカウト評)の両右腕や、センバツで好投した高松商・香川近江・林の左腕2人に注目。

野手では、高校通算53本塁打の山梨学院・野村(スカウト評)同46本塁打の履正社・井上(スカウト評)が屈指の大砲。プロ注目遊撃手の花咲徳栄・韮沢(スカウト評)、地方大会で.444をマークした智弁和歌山・黒川、2年生ながらセンバツでも活躍した明石商・来田(スカウト評)は好打が光る。

星稜・山瀬(スカウト評)智弁和歌山・東妻(スカウト評)は強肩捕手だ。智弁和歌山・徳丸智弁学園・前川ら1年生の活躍にも期待が集まる。




2019夏の甲子園、予想コンテストはこちら

2019夏の甲子園、出場49校のスポーツ紙の評価はこちら



draftkaigi at 08:21│ │甲子園大会展望 
ドラフトニュース検索