ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

能登嵩都(旭川大高)、日ハム好評価も大学進学予定

2019年08月08日

日刊スポーツwebsiteより (source)

能登 嵩都 (旭川大高・投手)
183cm・右投右打・動画

またも1点届かず。第101回全国高校野球選手権で北北海道代表の旭川大高が、優勝候補の星稜に0-1で惜敗した。エース能登嵩都(動画)が、9回9奪三振1失点で完投。3回以降は石川大会5戦11本塁打の強力打線を抑え込む好投を見せたが、打線が大会屈指の右腕、奥川恭伸相手に3安打無得点と援護できなかった。昨夏のタイブレーク敗戦に続き、最少得点差での敗退となった。

能登がドラフト1位候補に負けじと、この夏、最高の投球で、甲子園をわかせた。8回2死一、二塁のピンチ、キレのあるチェンジアップで三振を奪い、「うぉ~」と雄たけびを挙げた。2回に1失点も、強力打線相手に、3回以降は無失点と初の聖地で快投した。

「自分の投球はできた。でも、相手は奥川君という注目の投手だったし、絶対に負けたくなかった。2回に四球で出した走者をかえしてしまったのが、悔いが残る」と涙をぬぐった。

北海道では最速144キロの直球を主体とした投球を武器にしてきたが、今大会屈指の難敵を倒すために「いい投手はチームを勝たせられる投手。打者のレベルも上がるので、いつもは半分ぐらいの変化球を6割ぐらいに増やした」。

女房役の持丸と相談し、チェンジアップ、スライダーを多用して9奪三振。持丸は「これまでで最高の投球」と絶賛した。打線は奥川に3安打に抑えられ1点差負け。端場雅治監督は「1点差は監督の責任。奥川君には手も足も出ないわけではなかったが、要所で1本が出なかった」と無念の表情も「能登は上出来。100点満点」とたたえた。

今後は大学進学を考えており、4年間鍛えた後、先輩の沼田翔平(巨人育成)の背中を追いプロを目指す。日本ハムの白井康勝スカウトは「変化球のコントロールがすごく良かった。投げてて楽しかったのでは。体ができて球威も増してくれば、面白い投手になると思う」と評価。

183センチの身長に長い手足を生かした投球で、さらに球速が上がれば十分に可能性はある。能登は「奥川君のレベルに近づくため、直球で三振を取れるような投手になりたい」と前を向いた。

(8月7日 甲子園大会1回戦 星稜 1-0 旭川大高)



能登君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:00│ │日本ハム | 大学
ドラフトニュース検索