ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

甲子園ドラフト候補、行きたい球団・好きな球団

2019年08月17日

8/17、日刊ゲンダイ終面より
夏の甲子園は16日、17日でベスト8が出揃う。本紙は、プロのスカウトが熱視線を送った今秋ドラフト候補を中心とした選手に、行きたい(好きな)球団、行きたくない(嫌いな)球団について直撃。すると、人気球団、不人気球団が浮き彫りになった。

「高校からプロ入り? 行きたいとは思いますけど、さらにもっと頑張らないといけないと思っています。ピッチングはもちろんですし、投げること以外のフィールディングや牽制、クイックも磨きをかけたいです」。

こう話すのは、今大会ナンバーワン投手で、ドラフト1位指名が確実視されている星稜の奥川恭伸(スカウト評)だ。「好きな球団? プロ野球はあんまり見ないんですよね」と苦笑いを浮かべつつ、こう言った。

「指名していただけるのであれば、どの球団でもうれしいです。プロ野球選手はみんな凄い人だと思うし、凄い世界でやっていると思います。巨人の菅野(智之)さんが石川大会での投球を褒めていた? 菅野さんはその中でも際立って凄い。すべてのボールが一級品ですし、将来はああいう投手になれたらというのはあります。行きたくない球団? いや、本当にどの球団でもうれしいです」

中日や阪神が1位指名を検討しているが、奥川に近い関係者は「石川でもテレビ中継がある巨人や、育成に実績のあるパ球団がいいんじゃないの? と聞いても、本当にどの球団でもいいですって、と言い切るんです」と明かす。どの球団も安心して指名できそうだ。

高校屈指の捕手で、兄・勇輔がロッテ投手の智弁和歌山の東妻純平(スカウト評)は「すぐにプロに行きたいです」と、こう続ける。「好きな球団はソフトバンクです。個人的には内川選手や巨人の亀井選手が好きです。ここぞというところで打つイメージがあります。行きたい球団? パ・リーグは投手と打者が真っ向勝負するイメージがあります」

東妻に限らず、球児たちの間で断トツの人気ナンバーワンはソフトバンク

最速152キロ右腕・津田学園の前佑囲斗(スカウト評)が「目標にしているのは阪神の藤川球児さんです。魅力を感じるのはソフトバンク。投手を育てるのがうまいイメージがある。千賀滉大さんは育成出身で、お化けフォークはもちろん、制球もすごくいいと思います」と話せば、履正社の4番で外野手の井上広大(スカウト評)は「柳田さんだったり、松田さんだったり、長打を打てる選手が多いので、好きです」と言う。

今春U18代表候補合宿で大船渡・佐々木朗希の163キロを捕球した中京学院大中京の正捕手・藤田健斗(スカウト評)も「甲斐選手が好きです。僕は身長が173センチしかないですが、甲斐選手も身長170センチでプロで活躍されている。励みになります。チームに勢いがありますし、ソフトバンクが好きという仲間は多いです」と言う。

もっとも、近畿地方の出場校のエースは「ちょっと選手層が厚過ぎて、僕なんかが入る余地があるのか・・・」と、不安げ。昨年までの5年間で日本一4度。豊富な戦力で今季もリーグ首位を快走するだけに、球児にとっては現実的な意見といえる。

他に名前が挙がったのは日本ハム霞ケ浦のエース・鈴木寛人(スカウト評)は「どの球団というより、個々の選手を見てます。日本ハムの金子弌大さんが変化球のことをまとめた本を読みました。コントロール、変化球の精度が高いと思います」。

昨季までリーグ3連覇を果たした広島を挙げたのは、山梨学院の4番・野村健太(スカウト評)。「父が昔から好きで、明るくて勢いがあるチームだと思います。将来は鈴木誠也さんのように、44を任せられるような打者になりたい」



2019高校生のドラフト候補一覧はこちら

2019大学生のドラフト候補一覧はこちら

2019社会人のドラフト候補一覧はこちら

2019ドラフト指名予想はこちら

12球団ドラフト情報まとめはこちら


draftkaigi at 08:02│ │高校 
ドラフトニュース検索