ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

井上広大(履正社)、「評価はドラフト4~5位」の声

2019年09月04日

9/4、日刊ゲンダイ30面より

井上 広大 (履正社高・外野手)
187cm・右投右打・動画

プロの目は厳しい。2日、今夏の甲子園で初優勝を果たした履正社の外野手、井上広大(動画)がプロ志望届提出を表明した。決勝では、春のセンバツで完璧に抑え込まれた星稜の奥川から3ラン。チームの4番として計6試合で3本塁打、14打点を叩き出し、優勝に貢献した。

高校通算49本塁打。右の長距離砲として甲子園にその名を轟かせた、はずだった。しかし、プロのスカウトに聞くと、「ドラフト3位以内の指名は難しい」との評価が大多数。実際、井上をリストアップしているのは中日、ヤクルト、楽天と少数で、上位指名の候補に挙げている球団は、地元の阪神だけだというのだ。

優勝校の4番といえば、ドラフト上位指名の有力候補。昨夏の藤原恭大(大阪桐蔭)は阪神、楽天、ロッテから1位指名を受け、17年夏の野村佑希(花咲徳栄)は日本ハムに2位で入団した。甲子園で視察したあるセ・リーグのスカウトはこう言う。

「パワーは魅力ですが、打つ以外は厳しいという印象です。外野手としては肩は良いが、足は遅い。評価は4位か5位くらい。甲子園で打っていなかったら、指名すらされていない選手かもしれない」

パ・リーグのスカウトもこう話す。

「パワーがあってコンパクトに振れる。タイプでいえば、ポジションは違うが、巨人の岡本のような感じ。ただ、バッティングはチームの方針もあるのか、左方向への引っ張りばかりという印象がある。木のバットへの対応に苦労するタイプ。飛ばす力はあるので、伸びしろはあると思いますが・・・。もっと広角に打ち分ける技術がないと、プロでは打率が上がっていかない。

肩に関しては強いですが、甲子園で見たとき全力で走らなかったところが気になった。守備は外野なので、球団によって使い方が難しくなるところもあるでしょう。内野ができればと思いますが、高校でも内野をやらせていない。センスに疑問符がつきます」


もっとも、ドラフトの順位はプロ入り後の成否を決定づけるものではない。下位指名から這い上がればいい。



井上君のスカウト評はこちら

井上君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:30│ │高校 
ドラフトニュース検索