ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

西武ドラ1・松本航、パ新人トップの6勝目マーク

2019年09月06日

9/6、サンケイスポーツ5面より

2018西武ドラフト1位 松本航
日本体育大・投手・動画

西武は5日、オリックス24回戦に7-3で勝利し、今季5度目の3連戦3連勝を飾った。ドラフト1位・松本航投手(動画)が6回2失点で6勝目を挙げた。今夏の甲子園で4強入りした母校・明石商高ナインが見守る中で、自己最多の9奪三振をマーク。1ゲーム差で追いかける首位・ソフトバンクの優勝マジック点灯をまたも阻止した。

勝利の味は格別だった。松本航は“教え子”たちの熱いまなざしを一身に受けながら、ほっともっとフィールド神戸で躍動した。「球数が多かったけれど、最少失点で粘れた。しっかり勝ちにつながる投球ができました」

兵庫北部の朝来市出身。地元での凱旋登板に燃えていた。二回、宗に同点ソロを被弾。六回にも1点を失い、なお1死二塁のピンチを迎えたが、宗は143キロの外角直球、杉本は144キロの内角直球で、ともに見逃し三振。「指にかかったときの球はよかった」と胸を張った。

恩師”の姿に発奮した。登板2日前、「みんなで見に行くぞ!」と母校の明石商高・狭間監督から電話が入った。今夏の甲子園で初の4強入りし、派手なアクションで人気者となった師匠に「いいピッチングをしないとあかんやろ」とプレッシャーをかけられた。

三塁側スタンドには野球部員107人分の席を準備。6回7安打2失点の白星で期待に応え、「声援は聞こえなかったけど、みんな丸刈りなので、どこにいるか分かりました」と笑った。

自身は甲子園に手が届かなかった。日体大時代の昨秋は約3週間、教育実習生として保健体育の授業を受け持ちながら、野球部も指導した。春夏連続出場で大いに聖地を沸かせた後輩たちの活躍は刺激になった。「きょうは練習を休みにさせてあげられてよかった」と教え子たちに勇気と休息を与えることができた。

「負けたくないと思っているので、ここからまた頑張りたい」と松本航。パ新人ではトップで、DeNA・上茶谷に並ぶ6勝目をつかんだ。首位・ソフトバンクとの1ゲーム差もキープし、逆転Vへの望みをつないだ。 

(9月5日 パ・リーグ 西武 7-3 オリックス)



下は2018ドラフトで西武が指名した選手です。1位指名・松本君のスカウト評はこちら

西武の2018ドラフト指名選手
1位 松本 航 日本体育大 投手
2位 渡辺 勇太朗 浦和学院高 投手
3位 山野辺 翔 三菱自動車岡崎 内野手
4位 粟津 凱士 東日本国際大 投手
5位 牧野 翔矢 遊学館高 捕手
6位 森脇 亮介 セガサミー 投手
7位 佐藤 龍世 富士大 内野手
育1 東野 葵 日本経済大 投手
育2 大窪 士夢 北海高 投手
育3 中熊 大智 徳山大 捕手


draftkaigi at 07:00│ │西武 
ドラフトニュース検索