ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

スカウトや高野連も懸念する飛ぶ金属バット問題

2019年09月13日

9/13、日刊ゲンダイ27面より
U18の結果が背中を押すかもしれない。高校球界では今、「飛ぶバット」が全盛を誇っている。1970年代に木製バットの代用品として金属バットが導入されたが、近年は製造技術や素材が向上。反発力が増して、こすった打球でも外野の頭を越え、スタンドインする機会が増えた。その半面、金属が薄く壊れやすくなった。

「多くの高校が筋トレや食育を大事にし、プロテインも摂取させるので、選手の体は大きくなり、一昔前より格段にパワーアップしている。打球が飛ぶため、とにかくフルスイングをすればいいという打者が増えている」(パ球団スカウト)

U18などの国際大会では毎度、木製バットへの対応が課題に挙がる。今大会では石川(東邦)や韮沢(花咲徳栄)のように順応性を見せる選手はいた。永田監督も終戦後、「対応はだいぶできるようになっている」と言っていたが、好投手との対戦など、いざという場面で“金属打ち”が目立ち、8試合中6試合が1ケタ安打だった。

高野連関係者が言う。

「今のバットは飛びすぎるがゆえに、本来習得すべき打撃技術がおろそかになっている。金属バットなら右中間への本塁打になっても、木製バットではドン詰まりの右飛。ドラフト1位で指名されるような選手ですら、芯で捉えないと飛ばない木のバットに苦労している。

金属バットは、反発係数に一定の制約を設ける必要もあるだろう。すぐに15万人いる高校球児のバットを替えるのは難しい。2~3年の移行期間を設け、低反発バットに変更することも考えないといけない時期に来ている」


米国では、2012年から低反発の金属バット使用が義務付けられている。今月、高野連の技術・振興委員会が開かれるが、「飛ぶバット」問題が議題に挙がるか。



2019高校生のドラフト候補一覧はこちら

2019大学生のドラフト候補一覧はこちら

2019社会人のドラフト候補一覧はこちら

2019ドラフト指名予想はこちら

12球団ドラフト情報まとめはこちら


draftkaigi at 07:02│ │高校 
ドラフトニュース検索