ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

DeNAドラ1・上茶谷大河、新人トップの7勝目マーク

2019年09月15日

9/15、サンケイスポーツ2面より

2018DeNAドラフト1位 上茶谷大河
東洋大・投手・動画

ルーキーらしく、後先を考えずに必死に投げた。DeNAのドラフト位・上茶谷大河投手(動画)がが5回4安打1失点で、7月30日のヤクルト戦以来、約1カ月半ぶりの白星。新人では西武・松本航に並ぶ両リーグトップの7勝目(6敗)を挙げた。

「思い切って腕を振って出し切ろうと。一人一人、全力でいきました」。一回から140キロ台後半の直球を中心に投げた。シーズン終盤の疲労もあって150キロ超はなかったが、腕を振った分だけ球威はあった。2-1の五回無死一、二塁から山田哲、バレンティン、雄平をいずれも外野フライに仕留めると、ガッツポーズも忘れるほどに出し切った。

一時は球団新人記録の6連勝と勢いに乗ったが、ここ5試合は0勝3敗。苦しい夏を過ごすなか、前回7日の中日戦が転機となった。2-0の一回に2失点。二回に4失点し、自己最短の1回2/3、6失点でKOされた。

「腕が振れていないよ」。降板時、内野陣がマウンドに集まった際に三塁手の筒香に指摘された。「野手目線で言ってくださった」と上茶谷。無意識のうちに制球重視で思い切りに欠けている自分に気づかされた。この日の試合前にはラミレス監督から「全力でいきなさい」と背中を押された。

「ベストを尽くしてくれた。前回と違って直球が強かった」。試合後の指揮官も、原点を取り戻した右腕に及第点。敗れた首位・巨人に4.5ゲーム差に詰めた。直接対決3試合を含め、残り9試合。DeNAは勝ち続けるしかない。

(9月14日 セ・リーグ DeNA 7-4 ヤクルト)



下は2018ドラフトでDeNAが指名した選手です。1位・上茶谷君のスカウト評はこちら

DeNAの2018ドラフト指名選手
× 小園 海斗    
1位上茶谷 大河東洋大 投手
2位伊藤 裕季也 立正大 内野手
3位大貫 晋一新日鉄住金鹿島 投手
4位勝又 温史日大鶴ヶ丘高 投手
5位益子 京右 青藍泰斗高 捕手
6位知野 直人 BC新潟 内野手
育1宮城 滝太 滋賀学園高 投手


draftkaigi at 07:00│ │横浜DeNA 
ドラフトニュース検索