ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

阿部慎之助(巨人)、現役引退へ

2019年09月24日

9/24、日刊スポーツ2面より

2000巨人ドラフト1位 阿部慎之助
中央大・捕手・21歳

巨人・阿部慎之助捕手(2000巨人1位)が今季限りでの現役引退を決断したことが23日、分かった。プロ19年目の今季は開幕から主に代打での出場を続け、チーム状態が下降した8月以降は「5番一塁」でスタメン機会が増加。

5年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献した。通算2000安打、400号本塁打を達成し、球界史上屈指の「強打の捕手」として一時代を築いてきた。リーグ優勝8回の「背番号10」が惜しまれながらユニホームを脱ぐ。今後は次代の監督筆頭候補として、指導者への道を歩むとみられる。

過去から未来へ重い決断を下した。阿部が19年の現役生活に区切りをつけた。プロ入りから球界のど真ん中を歩んできた。堂々とレジェンドの仲間入りを果たした。リーグ優勝直前に弟分の坂本勇に対談の席で言った。「卒業。立派に旅立ったよ。俺の荷が下りたよ。これで気持ちよく辞められるよ(笑い)」。

今季限りとは断定しなかったが、穏やかな口調だった。間髪入れずに続けた。「今以上に視野が広がっていく。いろんな物を見ていかなくちゃいけない。近い将来のことも。フロント、現場とかね。また1つの組織の一員として、成長すると思う」。未来への視線は力強かった。

決断は揺れた。もう1年か。今が引き時か。周囲の声を聞けば、聞いただけ揺れた。だが己の感情は正直だった。6月1日中日戦で生え抜きでは王貞治、長嶋茂雄以来の400号を史上最も遅い2211試合目で達成した。万感の歓声の中、東京ドームのダイヤモンドを周回。両手を広げる原監督の胸に飛び込んだ。

「打った瞬間はうれしい、だったよ。でもこれで終わっちゃうのかって」。すぐにベンチ裏に下がった。涙が止まらなかった。人目を避けてトイレにこもった。お立ち台に向かう前に「目薬をさして。周りにばれないようにね」と、いつもの明るい阿部慎之助を演じた。

捕手復帰を決めた今季は耐え難い重圧に苦しんだ。沖縄キャンプ中はどん底だった。「人に会いたくない。他の選手に合わす顔がない」。宿舎の食事会場を避け、顔なじみの飲食店でひっそり過ごした。休養日は人が少ないへき地のビーチで太陽光を浴びた。リラックスできる場所は限られる。睡眠もままならない。輝かしい過去、今が、自分自身に重くのしかかった。

しかし、それらを吹き飛ばす威力があるから、第一線を張り続けてこられた。腹を決めて臨んだ、この日のヤクルト戦。6回に代打で出場し、8回1死から梅野の148キロを豪快に振り抜いた。1カ月ぶりの6号同点ソロは「風のおかげ」と強風が味方した。「リーグ優勝はうれしいけど、CSで日本シリーズで負けたら半減する」。阿部史上4度目の日本一へ-。最後の大仕事が残っている。



下は2000ドラフトで巨人が指名した選手です。阿部慎之助は1位指名入団。プロでの成績はこちら


巨人の2000ドラフト指名選手
1位阿部 慎之助中央大捕手
2位上野 裕平立教大投手
3位三浦 貴東洋大投手
4位根市 寛貴光星学院高投手
5位川本 大輔広陵高投手
6位山下 浩宜九共大八幡西高内野手
7位小野 剛武蔵大投手
8位李 景一敦賀気比高捕手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00│ │巨人 | 戦力外通告
ドラフトニュース検索