ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

福田秀平(ソフトB)、中日・ヤクルトなどで争奪戦か

2019年09月27日

9/27、日刊スポーツ6面より

2006ソフトバンク高校ドラフト1巡目 福田秀平
多摩大聖ヶ丘高・内野手

ソフトバンク・福田秀平外野手(2006ソフトバンク1巡目)が今オフに国内FA権の行使を視野に入れていることが26日、わかった。3拍子そろった左打ちの外野手として今季もチームに大きく貢献。ソフトバンクに欠かせない戦力だが、行使となれば多くの球団が獲得に乗り出すと予想され、動向が注目される。

プロ13年目の今季7月に取得した国内FA権について福田は「ようやく勝ち取った権利なので、そこは自分のプロ野球人生として考えたい」と話していた。関係者の話を総合すると、その後の熟考の結果、権利行使への思いは強まっているようだ。

福田は今季78試合に出場し打率2割5分8厘、25打点、自己最多の8本塁打を放っている。スタメン出場はもちろん代打、代走、守備固めと幅広い起用に応えられるのも魅力だ。6月23日巨人戦では今季初めて二塁を守り、菅野から初回に先頭打者本塁打を放ち交流戦優勝に貢献。一塁も守れる。

7月に取得した時には「規定打席に立ったこともないし、レギュラーになったこともない人間。秋山監督、工藤監督に感謝しています」と話していた。

これまでもソフトバンクは明石、川島らFA権を取得した選手たちと大型複数年契約を結んでおり、福田にも同様の契約を提示することが濃厚だ。

福田も13年過ごしたチーム、福岡には愛着があり、ファンの人気も高い。だが、ソフトバンク外野陣は柳田、グラシアル、中村晃に加え、上林、釜元、周東も控える激戦区。内野手の牧原、川島も守ることができる。来季31歳を迎える福田はさらなる出場機会を求めFA権行使を考えているとみられる。

行使となれば、過去にトレード獲得を狙っていた中日をはじめ、ヤクルトなど数球団による争奪戦となりそうだ。今季推定年俸は3600万円と高年俸が多いソフトバンクではCランクとなり、人的補償なども必要ない。

この日はヤフオクドームでの全体練習に参加した福田は「今はCSを勝ち抜いて、日本一になることに全力を尽くしたい」とチームの3年連続日本一だけしか考えていない。すべての戦いが終わった後、福田の野球人生に大きな転機が訪れそうだ。



下は2006高校ドラフトでソフトバンクが指名した選手です。福田秀平は1巡目で指名され入団。プロでの成績はこちら

ソフトバンクの2006高校ドラフト指名選手
1巡目 福田 秀平 多摩大聖ヶ丘高 内野手
2巡目 指名権なし
3巡目 伊奈 龍哉 近江高 外野手
4巡目 李 秉諺 岡山共生高 内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 10:20│ │FA | ソフトバンク
ドラフトニュース検索